ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 白暮のクロニクル

6.75点(レビュー数:4人)

作者ゆうきまさみ

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2013年~ / 小学館

更新時刻 2015-09-11 19:35:22

あらすじ そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

備考

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 pocky285さん

 不老不死の種族オキナガ。オキナガたちを管理する厚労省夜衛管。夜衛管の新人伏木あかりは上司であり、実は500年もののオキナガである竹之内の指示で、88才のオキナガ雪村魁と仕事をすることになる。実はあかりの祖母棗は、オキナガが犯人と思われる連続殺人事件で命を奪われており、あかりにも犯人の魔の手が。
 夜に目を光らせて行動するオキナガ、いつの時代も異質なものに対しては差別が発生する。特にオキナガにしてみれば、普通の人が老いていっても自分達だけはいつまでも変わらない姿。自然と徒党を組むようになる。
 特に竹之内や茜丸は、室町時代から生きているので、なにか550年程度の歴史を身近に感じるような、不思議な感覚になります。
 茜丸のふてぶてしさ、竹之内のクールな強さ。550年もあんな感じで生きてくるのは、大変なはず。不老不死の体を持っても、しっかり自分を持っていないと生きていけないのです。
 この世界観好きだな。別のオキナガの物語を読みたい。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2017-09-09 19:09:09] [修正:2017-09-09 19:31:21]

白暮のクロニクルと同じ作者の漫画

ゆうきまさみの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る