ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > ヒカルの碁

7.86点(レビュー数:124人)

作者小畑健

原作ほったゆみ

巻数23巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1999年~ / 集英社

更新時刻 2012-10-15 02:24:49

あらすじ ある日、小学6年生の進藤ヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その時、突然碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の魂がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な思いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく・・・。

備考 完全版が2009年2月4日より発売開始。
2000年 第45回小学館漫画賞(少年部門)受賞
2003年 第7回手塚治虫文化賞新生賞受賞

シェア
Check

この漫画のレビュー

10点 neCOSTAさん

[ネタバレあり]

囲碁というほとんどだれも挑まなかったテーマでありながら、主人公に共感し熱くなれる作品。

僕は囲碁を打てるので中身は分かるが、囲碁を知らないほとんどの読者にも理解できる面白い作品にした功績は大。最後にサイが消えてしまったり、韓国棋院の子達と対戦するところは若干賛否が分かれるかもしれないけど、もしかしたらあのまま作品を続けていても、高いクオリティで作品は成立したはず。

伝説的なマンガであることに違いない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-04-14 23:04:48] [修正:2017-04-14 23:04:48]

ヒカルの碁と同じ作者の漫画

小畑健の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る