ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > HUNTER×HUNTER

8.09点(レビュー数:242人)

作者冨樫義博

巻数36巻 (連載中)

連載誌週刊少年ジャンプ:1998年~ / 集英社

更新時刻 2012-10-08 12:25:22

あらすじ ゴンは、死んだと聞かされていた親父が、ハンターとして生きていることを知り、自分もハンターになることを決意。試験を通じて知り合った友人キルアと共に父親を探す旅に出るが、行く先々には様々な冒険が待ち構えていた。

備考 元々は休載こそ多かったが通常連載という形だったが、途中で1年以上休載。その後、不定期連載扱い(何回か掲載した後長期休載と言う形)となった。

シェア
Check

HUNTER×HUNTERのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全242 件

9点 yumenneさん

面白いです。著者のセンスが光っています。この作者は特に最近は興が乗ったら気ままに書いてやろうというタイプなので、漫画の方向性はコロコロ変わるし、休載も多いけれど。もう慣れたのであんまり気にならない。それに展開の自由度の高さは大きな魅力でもある。喋る魔物と戦って、超能力を覚えて、マフィアと戦って、ゲーム世界に入っちゃって、原爆落っこちて、選挙して、王位継承の殺し合いに巻き込まれる。こんなに時代や場所を特定しない自由な物語はあんまりない。
長期連載漫画の中では1番好き。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-12 13:54:35] [修正:2018-05-12 13:57:48] [このレビューのURL]

7点 チーズカバオさん

確かに面白いし、冨樫義博の他の漫画家を超越したセンスや技術が遺憾なく発揮された傑作である。
しかし、その特異なセンスと連載ペースが相まって、テンポが悪く、勢いで読ませる痛快さや娯楽性に欠ける。
鉄は熱い内に打てではないが、読者の心が熱くたぎっている状態で畳みかけないと到達できない、刹那的な面白味みたいなものがあると思う。そして、この漫画ではそれが味わえないような気がする。
そういう点では個人的に、ハンターハンターより幽遊白書を推したい。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2017-07-28 10:14:53] [修正:2017-07-28 10:16:25] [このレビューのURL]

7点 フィロさん

果てしない世界観の広がりや、ハンターという職業の魅力やドライさがいいですね。

この漫画のすごいところは、敵キャラが本当に怖いところだと思います。単純じゃなくて、どんな思考をしているのか読みとりにくいミステリアスさを登場人物から感じますね。幽白もそうなんですが、この独特のミステリアスな雰囲気はあまり他の漫画には見られないような気がします。

また、主人公以外の第三勢力同士で戦うというワクワクする展開も随所にあります。主人公最強とならずに、むしろめちゃくちゃ強い人物がわんさか出てくるところが、ハンターという世界に奥行きを与えてて面白いです。

そういう、豊富でミステリアスなキャラや、主要人物と思われたキャラが容赦なく撤退していく展開が、混沌とした世界観にリアリティをもたせていて、緊張感を失わずに読むことができます。

本気の画力がとても高いのに、ラフのまま連載されていて読みづらかった記憶があります。(単行本ではなおってるのかな…?)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-23 20:48:04] [修正:2017-03-23 20:48:04] [このレビューのURL]

10点 やじウマさん

最近ジャンプのマンガ、というか少年マンガに盛り上げ所でくどいばかりにナレーションとかモノローグを多用するという演出をやるものが多くなった気がする。

そういうの読む度に、「うぜぇなあ」、「絵を見りゃ分かるんだから黙ってろよ」、とか思っちゃう。マンガの描き方の教科書とかに「何でも文字で説明するのはやめましょう」とか書かれてた気がするんだけどなあ、とか思っちゃう。マンガ描かないけど。
でもある時ふと、これってもしかして富樫のマネしてるのかなあと気づいた。そういえばハンターにはやたらとナレーションとか多い。キメラアント編からやたらと多くなった気がする。

ハンターハンターは超絶おもしろいマンガだから、みんな影響を受けて、富樫のカッコよくて一番マネしやすい部分をマネしたのかなあ。
だとしたらみんな面白いモノが描きたくてこの演出を取り入れて、結果的にサムイことになってんのかなあ。だとしたら呪われてるな。とかなんとか思ってしまう。

なんか、この人の文章が持ってる特殊さって、普通の人が目指してるものと違う気がする。なんというか詩的なんだよな、ポエム的というか。
(ポエムって言ったら昨今バカにされるけどさ、あれは間違ってると思う。)

少ない言葉でこちらの想像力を引き立てることが出来る言葉の使い方というか、そういう才能があるからあの演出も許される、様になってるのであって、普通の人がやってもダメだよなあ、なんて思った。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2016-09-15 16:30:02] [修正:2016-09-15 16:30:02] [このレビューのURL]

10点 gkjさん

[ネタバレあり]

休載が唯一の弱点。
だがそれがあってこその この内容だったら
許す!休みながらでもいいから続けてほしい

そんな風に思える唯一の漫画です。

人気あるキャラだから死なないとか
そういうことが全然ない。
キャラ優先より 流れ優先なので
衝撃的な展開がでてきます。

死なせればいいってものではないですが
不殺を謳っている漫画より ずっと物語が緊迫したものになります

特に主人公が味方の敵である犯罪集団 幻影旅団に捕まるところなんかは
先が読めなすぎてゾクゾクしました。

カイトの件も。。

蟻編の王はまさかあんな人格になるとは。。


この漫画は
ファンタジーですが バトル漫画ではないです。
バトルはしますが、冒険や探索の漫画です。

主人公が敵のボスを倒すという単純な漫画ではない。そこがいいとおもいます

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-06-10 14:38:44] [修正:2016-06-10 14:38:44] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

HUNTER×HUNTERと同じ作者の漫画

冨樫義博の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る