ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > ONE PIECE

6.24点(レビュー数:308人)

作者尾田栄一郎

巻数103巻 (連載中)

連載誌週刊少年ジャンプ:1997年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:23:41

あらすじ 伝説の海賊王ゴールド・ロジャー(ゴール・D・ロジャー)が遺した、富と名声と力の「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。そんな時代に生まれ、海賊に憧れる少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」と呼ばれる不思議な実(「悪魔の実」の一種)を食べてゴム人間となり、カナヅチ体質になりながらも海賊王となる為に仲間と共に冒険する。

シェア
Check

ONE PIECEのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全308 件

10点 SSSSSSSSSSSSSSさん

Frequently categorized with both Bleach and Naruto as one of the Shonen Big Three, One Piece is a romantic tale of pirates, treasures ...talking reindeer, panties, flying skeletons, Takoyaki selling Octopuses, and oceans roaming with Sea Monsters the size of which can take down fleets of ships. Crazy enough for you? This is the world of One Piece.

Being categorized with Bleach and Naruto, on the surface this might strike an unfamiliar reader as another generic uncreative Shonen series; but truthfully, comparing One Piece to Bleach and Naruto would be like comparing Disney World to an elementary school playground. If these three series are the big three, then One Piece would be the boss sitting on a lavish chair smoking a cigarette, while Bleach and Naruto would be the two henchmen standing side by side of the boss and nodding at everything he says.

Story:

Set during the Golden Age of Pirates, the story follows Monkey D Luffy as he sets sail with his crew to conquer the sea which is inhabited by formidable pirates who all aim to become the Pirate King, the Grand Line and claim the treasures of 'One Piece' left by the late Pirate King, Gol D Roger.

Of course the goal of being Pirate King really is just a loose objective set forward that eventually throws Luffy and his shipmates into a giant boiling pot full of problems and adventures. What's special about this story is that it takes the most run-of-the-mill concepts and turns it into something fantastic and exciting. The concept of traveling from drastically different locations after locations is filled with endlessly creative characters and creatures that sets it apart from ever being dull, as opposed to say, Tsubasa Reservoir Chronicle where traveling to new worlds is a borefest and you can only hope the next world is interesting, and well if it's not ...have fun reading an entire arc on that filled with recycled characters.

The main plot device used in One Piece are the Devil Fruits, which grant anyone that eats them inhuman powers though at the deadly price of sinking like an anchor in the water; here the strange irony being that this is a series about pirates constantly on water. What makes this concept actually interesting is that every fruit has a different power and no two powers are the same, and Oda's endless imagination to come up with strange and hilarious powers. Above that, what makes this concept better than say, Bankai's or Kekkei Genkai's, is that you never know how two powers match up, so the weakest Devil Fruit powers in the current arc could very well be the key factor to winning a battle in the next, in that way, none of the characters ever seem so overpowered that they can completely destroy the other characters and it certainly

ナイスレビュー: 0

[投稿:2022-07-03 16:37:27] [修正:2022-07-03 16:37:27] [このレビューのURL]

0点 gyuhgyhさん

The mangaka puts a lot of effort into shade and light in Berserk. By that we get a very distinctive nights, sunshines and sunsets as well as dynamic shadows (however awkward it sounds) that no anime director can mime. It's simply sensational to look at all that and even be able to read the story of it... It is clear to me, that Miura-sensei is trying to end up with a sort of masterpiece in terms of manga. And you know what? He's pretty close to achieving this.

There are, however, some bad points too. The manga is not for everyone. I would strictly add parental advisory and 18+ to it. Nowhere else will you see so much nudity, sex and violence as in this manga. It's not a hentai-like nudity and sex though. Berserk shows a violent world with all its aspects, hence these parts were as relevant as any other to make the story as believable as possible.

ナイスレビュー: 0

[投稿:2022-04-23 02:04:05] [修正:2022-04-23 02:04:05] [このレビューのURL]

7点 osamuさん

どのキャラが実際に仲間になるかを予想するのはとても面白い☆
ゾロの思い入れのある和道一文字ももはやここまでくるとただのザコ刀になってきた感が否めないw

ロビンは新しい技などは出ないのだろうかというところが気になる所☆

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-08-14 15:38:50] [修正:2021-08-14 15:38:50] [このレビューのURL]

2点 チーズカバオさん

アラバスタまでなら面白いが、その後はどうしたという感じ。
ストーリーも作画もキャラクターもセリフも兎に角グチャグチャに盛り込んだ、ヘンテコで煩雑な漫画になり果てた。
喩えるなら、ヤシの実をくり抜いた器に、オムライスとカレーとラーメンとシチューとハンバーグと唐揚げとアイスクリームとチョコを入れて、その上にマヨネーズをぶちまけて、ポッキーを突き刺して海賊旗を付けたような感じ。


【追記】
最近のワンピースの醜態は目に余るものがある。
もはやつまらないとかそういうレベルではなく、作品としての品性まで失いつつある。

バスターコールプロジェクトや、尾田栄一郎に忖度したであろう鬼滅最終巻の発行部数の件(初版発売前に重版手配済みという、意味不明な状況。仮に印刷のキャパの関係があるとしても、初版分でもう少し刷ることは出来るだろう。)など、
手段を選ばずワンピースをNo.1にしようとするムーブは明らかに異常で醜悪である。

もちろんこれらの件に作者が直接的に関与しているわけではないだろうが、尾田栄一郎が自身の漫画家としての格を勘違いして異常に高いプライドを持っていることも、この状況を生んだ一因と言えるだろう(今のワノ国編を自画自賛しているあたり、作者の感覚は完全に狂っている)。

そしてこのような状況はそもそも、国民的少年漫画が存在しなかったジャンプ暗黒期においてその素質を備えたワンピースが、幸か不幸かポストドラゴンボールとして祭り上げられ、成功してしまった結果だろう。
「売上と発行部数」というある種の絶対的な指標において、鬼滅が大流行するまでは完全な一人勝ち状態が20年近くも続いたのだから、
当然作者は自分の作品に疑問を持つこともなく、誰も尾田栄一郎の作品創りに意見はできなかっただろう。
事実20巻そこそこくらいまでは斬新で高レベルな作品であり、少なくともあの時代の少年漫画界においてはポストドラゴンボールに着くポテンシャルはあったと思う。

だからこそ、終盤に差し掛かってこれほどまでに醜態をさらしまくる現状は、非常にキツイものがある。
発表された時代と、作者の能力や運(アニメが失速した時期ににドラゴンボール改がワンピースとセットで放送され持ち直したり)、編集部のマーケティング、読者層などが奇跡的に噛み合ってしまい、
皆がある種の催眠状態のような感じで本作をNo.1少年漫画に押し上げてしまったために起きた悲劇と言えるだろう。

いずれにしても、日本の漫画史上においてこれほど売上と作品の質や品格が釣り合わない作品は、今後現れることはないと思う。

ナイスレビュー: 6

[投稿:2017-07-28 10:43:08] [修正:2020-12-06 00:52:10] [このレビューのURL]

2点 バルボッサさん

[ネタバレあり]

コロコロコミックを読むような児童が喜ぶくらいの幼稚さ。
小学校高学年以上の読者には見るに耐えないレベルですね。
ギア4とかを主人公の上級バトルフォームとして堂々と出せるあたりから、作品の次元の低さが窺えます。

ボロクソに書きましたが、前半は悪くないので、どこかのタイミングで作者が勘違いしておかしな方向に突っ走ってしまったのだと思います。
それを正せなかった編集が一番の戦犯ですね。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2020-04-22 09:17:02] [修正:2020-04-22 09:17:30] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ONE PIECEと同じ作者の漫画

尾田栄一郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る