ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > 幽☆遊☆白書

6.92点(レビュー数:93人)

作者冨樫義博

巻数19巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1991年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-21 12:47:31

あらすじ 教師も手を焼く皿屋敷中の極悪不良・浦飯幽助。ある日、子どもを事故から助けたが、自分は死んで幽霊になってしまった。予定外の幽助の死に、霊界のえんま大王は幽助に生き返ることと引き替えに試練を与えるが……!?

備考 完全版、全15巻

シェア
Check

幽☆遊☆白書のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全93 件

9点 yumenneさん

冨樫の作品はどれも好きで、優劣はつけられないから困る。
この作品は冨樫を一躍有名にした作品ということで、ハンターハンターなどで大物漫画家として好き勝手やっているのに比べ、編集に影響されたりしながら、色々テコ入れをしたりまだ自分のスタイルをつかみきっていない感がある。
(冨樫という作家はここで、"明らかに後付けなのに、その場の勢いで許せるし楽しめてしまう"、というような作品の進め方をマスターしたように感じる。)

しかし、本作でも著者の魅力は遺憾無く発揮されている。厨二心溢れる、グロテスクで独創的で洒落たキャラクタでありその魅せ方、そして、洋画などに影響されたような、他の漫画では見ない言い回し、演出。


印象に残るシーンは無数にある。例えば、仙水が見ている映画について、”この映画は全く陳腐なストーリーだけれど、ただ、エンディングがとても綺麗でね"と語るシーンだとか、魔界編で飛影と骸の過去が語られ、互いに奇妙な絆が生まれるシーン、戸愚呂弟の敗北シーン、あとキャベツ畑。こういうカッコいいシーンは他の漫画家には描けないのだ、なぜだか。

数話完結の幽霊お悩み解決漫画、王道バトル漫画やらなんやかやとやっていたのも一粒で二度美味しいと思えば良し。

あと、ハンタと違って普通に可愛い女の子が出てきて正直目の保養になる。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-05-13 20:03:56] [修正:2018-05-13 20:03:56] [このレビューのURL]

7点 p-mcgoohanさん

戸愚呂弟、仙水忍、雷禅の3人が特に印象深く、好きなキャラだった。

アニメでその存在を知ったクチで、なおかつアニメの方が数倍良かったので、原作のほうが低評価になる。
後半の手抜き感が特に残念。

アニメは本当に良かった、満点。
26歳の仙水役を当時60歳過ぎていた納谷六朗さんが演じていたなんて、
凄い役者さんだったんだなと実感する。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-05-13 19:16:20] [修正:2017-05-13 19:16:20] [このレビューのURL]

9点 山しょうさん

面白い。

もう6回ぐらい読み返していて
アニメ放送も何回も観てるのにやっぱり
何度見てもその凄さを実感できる。


この作品は平成5年生まれの
ゆとり世代の僕らでは
少し世代が違うのですが、
関西地方の認知度は凄まじいと思います。


正直、80%ぐらい観てました笑
再放送が毎年、夏休みにやっていて
まぁ周りでも観てない人いないくらい
みんな観てましたから


小学校の時は暗黒武術会編が好きで
中学校になると仙水編が好きになる
高校生になって、序盤の良さがわかって
大人になって、魔界編が1番好きになりました。


あと、今回読み返して変わったのは
桑原が1番好きになったことです。
桑原はなんか、ダサくて不細工、
ネタキャラみたいにしか見えてませんでしたが
彼が1番かっこいいんですよ。


僕はちょっぴり大人になりました。


ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-06-07 04:36:06] [修正:2016-06-07 04:36:06] [このレビューのURL]

8点 mohikan_oniisanさん

最近の少年漫画に比べるととにかく「密度が濃い」漫画だなと思います。
全19巻ですが、その中に霊界探偵編も含めて全7編が詰め込まれています。
例えば今現在長期連載中の少年漫画を思い浮かべて、今から19巻前は何してたっけ?
と比較してから読んでみると、この漫画の密度の濃さがよくわかると思います。

内容は特に中盤以降は単純な勧善懲悪のバトル物ではなくなり、少年漫画の王道とは外れていきますが、私は各キャラクターやその台詞回しに魅力を感じてどんどん話に引き込まれていきました。
終わり方もまあ今となってはこの漫画らしい終わり方で悪くなかったのかなと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-04-23 16:31:04] [修正:2016-04-23 16:31:04] [このレビューのURL]

7点 punpeeさん

[ネタバレあり]

言わずと知れた、漫画界における「最高に魅力的な4人組」と言えば、この漫画じゃないでしょうか?
結構、限定される条件下ですが。笑

それぞれの関係を、「馴れ合いより、刺激を」と蔵馬が端的に表した様に、暑苦しさも無く、良い関係性が築かれています。
また、この作品の男女関係は非常にドライです。
それらだけに、中学生設定はどうしても違和感がありますね。

内容としては、確か単行本でいうと13巻くらいまでの、暗黒武術界編が終わる辺りまでは、正直今読んでもそこまで面白くないのでは?と思います。
暗黒武術界トーナメントの勝ち抜きチーム戦という手法は当時、斬新だった様に思いますが。

能力バトルやキャラクターの立ち方含め、仙水編からが面白くなってきます。
魔界三竦み編の最初の政治的なパワーバランスが好きでした。
しかし遊助の存在や、権力に固執しない隠れた強者がいっぱい出てきた影響を受け、ボスキャラの黄泉や骸が、権力争いのしがらみから解放されたシーンも良かった。

昔面白かったけど、今読んだら微妙という過去の名作は多くありますが、仙水編以降は今読んでも面白いので、
漫画好きでこの漫画を見逃している方は、一読の価値はあると思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-05 10:51:13] [修正:2016-03-05 10:51:13] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

幽☆遊☆白書と同じ作者の漫画

冨樫義博の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る