ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > 花の慶次−雲のかなたに−

7.65点(レビュー数:20人)

作者原哲夫

原作隆慶一郎

巻数18巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1990年~ / 集英社

更新時刻 2010-08-26 14:36:56

あらすじ 「傾奇者」(かぶきもの)。「傾く」(かぶく)とは、異風の形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛することをさす。そして、真の傾奇者は己を美しゅうするために命を賭した。
時は戦国時代末期、ここに天下一の傾奇者がいた。その名は前田慶次…!

備考 歴史小説「一夢庵風流記」を漫画化した物。
脚本/麻生未央

シェア
Check

花の慶次−雲のかなたに−のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全20 件

8点 ヒデリウさん

登場人物みんなかっこいいですね。
良作です。
琉球編が唐突な印象を受けます。
パチンコはやられてばっかりww

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-04 00:43:29] [修正:2014-09-04 00:43:29] [このレビューのURL]

9点 fasterさん

原哲夫といえば北斗の拳。
だが自分はこの漫画の方が好きだ。

慶次の生き方はまさに漢。
こういう熱い、濃いキャラクターを描かせたら原哲夫は天才だと思う。

琉球編は確かに残念だったが、そのあと少しだけ盛り返したので全体としてはかなりいい。

少年誌で連載していたからこれが限界なのだろうが、朝鮮へはぜひ行って欲しかったというのが正直な感想である。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-06-01 22:23:18] [修正:2013-07-25 00:55:11] [このレビューのURL]

5点 notatallさん

歴史フィクションとしての説得力は皆無。
歴史浪漫への入門書としても微妙。

琉球編は、史実上の空白時間帯を作者のフィクションで埋めたもの。

架空の人物の、超人的な活躍を楽しむ、純粋な娯楽作品として読むことはできるだろうが、それなら北斗の拳のような、荒唐無稽な世界観であって欲しい。

あと有名どころの勢ぞろい入浴シーンは、ギャグだと思…。


ちょい上方修正。娯楽漫画としてまで、否定する気はないのです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-18 22:21:22] [修正:2011-07-09 19:26:05] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

「前田慶次郎利益」という人物を三国志でいうところの「呂布」の位置にまで押し上げたのは間違いなくこの作品。

原作とは展開が違く、オリジナル作品と思った方がよいが、脚本が素晴らしく、大きな中弛みもなく綺麗に物語が終わったことが素晴らしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-17 22:56:00] [修正:2011-02-17 22:56:00] [このレビューのURL]

8点 cyoさん


とても面白い作品でした。
言葉や間の雰囲気が印象に残りました。
何度も読むと、その度に言葉の深みを感じ、新たな発見があります。
言葉以上の何かを感じさせる作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-09 17:09:27] [修正:2011-01-09 17:09:27] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

花の慶次−雲のかなたに−と同じ作者の漫画

原哲夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る