ホーム > 青年漫画 > イブニング > 勇午

7点(レビュー数:7人)

作者赤名修

原作真刈 信二

巻数41巻 (完結)

連載誌イブニング:1994年~ / 講談社

更新時刻 2010-05-27 14:57:31

あらすじ 世界を股に掛けるネゴシエーター(交渉人)勇午のお話。人質返還交渉、物品引き渡し交渉等の様々な話は、全て一筋縄ではいかない物ばかり。勇午の確たる信念と見事な手法で問題を解決していく。

備考 「アフタヌーン」で連載開始され、2004年より「イブニング」に移籍した。「アフタヌーン」連載版の単行本は全22巻。「イブニング」連載時より『勇午−the Negotiator』という副題が付けられ、シリーズごとの巻数表記となっている。2004年にキッズステーションにてテレビアニメ化された。

シェア
Check

勇午のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全7 件

7点 Leonさん

アフタヌーン版に関しては当時の世界情勢や文化が
伝わってきて面白かった。共産圏の国の恐ろしさが良く伝わった。
様々な拷問に屈せず、交渉に臨む勇午がカッコ良かった。
イブニング版も悪くはないけど、恒例の拷問が減ったのと
黒幕探しがメインになったのが残念かな。横浜・横須賀編は面白いけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-07-09 11:39:16] [修正:2020-05-22 17:47:00] [このレビューのURL]

7点 森エンテスさん

最終章が完結したことにより、この長く続いた作品が完全に終了したという事だと思っているのですが、もっと有名になっても良い作品だと思います。

漫画ですのでご都合主義な所もありますけど、それでも作者の感じる対人・対社会関係をしっかりと漫画表現に落とし込んでいるのが素晴らしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-14 22:39:44] [修正:2016-01-14 22:39:44] [このレビューのURL]

9点 もも治良さん

 ゴルゴ13とかゼロとかが好きな人は気にいるんじゃないでしょうか?これは交渉人のお話です。交渉人にも色々いると思いますが、勇午も漫画らしくありえないぐらい危険で困難な交渉ばかりです。
 
 本作も人間離れした主人公が、人間離れした活躍を見せてくれます。私はいつも感動しきりでした。

 恒例?の拷問なんですが、パキスタン編以外は別に必ず拷問されんでもいいような気もします。そこも読者を引き込ませるいい所っちゃあいい所だとも思いますけど。あと日本編に入ってからはマジメにやっているんだけど少し笑える所があると思うのは私の気のせいでしょうか?

 これも現実を忘れさせてくれる漫画らしい漫画だったなあと今では有難く思っています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-05-29 04:13:07] [修正:2010-05-29 14:29:29] [このレビューのURL]

7点 オカシューさん

世界をまたにかけるネゴシエーターの物語。
危険な地域へと単身乗り込み交渉するというスリル満点の漫画。

共産圏の国は特に怖い。もう法なんて通用しない人間ばっかで絶対行きたくねーと思ってしまいます。

長編を読ませる力もなかなかです。後半少し勢いが衰えてきた気もしましたが全体的に優秀作品です。

所持巻数 20巻

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-28 21:53:08] [修正:2009-07-28 22:00:12] [このレビューのURL]

7点 もへぢさん

相手が問答無用で殺しに来る、話の通じない相手だったらどうするんだろう。
そんな交渉相手が今後出てくることに期待。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-28 01:27:24] [修正:2009-03-28 01:27:24] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

勇午と同じ作者の漫画

赤名修の情報をもっと見る

同年代の漫画

  • 餓狼伝

    総合点:7.07点

    レビュー数:13人

イブニングの情報をもっと見る