ホーム > 不明 > くらげバンチ > 極主夫道

6.33点(レビュー数:3人)

作者おおのこうすけ

巻数8巻 (連載中)

連載誌くらげバンチ:2018年~ / 新潮社

更新時刻 2019-06-04 18:11:09

あらすじ 裏社会に数々の伝説を残した最凶ヤクザ、不死身の龍は、極道の道から足を洗い、専業主夫として生きる道を選んだ。龍はデザイナーで一般人女性の美久を妻に迎え、仕事で忙しい彼女を支えながら生活を送っていた。極道の世界から忽然と姿を消した龍は、主夫としての新しい生活に馴染んで堅気の世界で平穏な毎日を楽しんでいたが、極道として生きていた頃の癖や口調が抜けておらず、周囲の人から恐がられたり、コミュニケーションをうまく取れずにいた。

備考 2020年10月 実写ドラマ化。

シェア
Check

極主夫道のレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

6点 朔太さん

にわかにメディアに取り上げられて、注目を集めています。

元極道の男が、主夫道に邁進する中で、極道と主夫の思考
と行動のギャップが大きくて、コメディになります。
コワモテの男が小さな節約や可愛い創意工夫のある家事に
心を砕く様を笑うわけです。
それはそれで結構なんですが、いくつかのパターンは
マンネリ化してきて、腹いっぱいになる感じがします。

ところどころに、ハートフルな話、妻を加えた馬鹿な
生活が、かえって新鮮ですね。
お気に入りは、第30話、第54話と飼い猫銀が出て来る
おまけ漫画ですね。

絵も上手で綺麗です。
一気読みするのではなく、ほどほどに間を空けた読み方が
ベターかもしれません。7巻まで。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-11-27 09:22:07] [修正:2021-11-27 09:22:07] [このレビューのURL]

6点 s-fateさん

 白い粉に頼りがちな面とか、若干極道の世界の引き出しが少なくてだれる感もなくはないのですが、妙に近所の奥様連中と馴染んでいたり、奥さんは多分カタギなのに変に強かったりと、ギャグマンガでつかみは良いと思います。あとは続けるならバリエーションを増やすか、もうちょっと深めの闇社会もの特有のネタ入れるかしてもらうと飽きないと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-14 09:39:15] [修正:2019-12-14 09:39:15] [このレビューのURL]

7点 臼井健士さん

伝説のヤクザがヤクザを辞めて結婚し専業主夫に転身した日常を描く。
家事を必死にこなす傍ら、元抗争相手のヤクザや元仲間のヤクザがやってきて話に絡む。
絡むが・・・・血みどろ寸前で主夫の培ったテクニックで華麗に解決!
一体、この男どういう経緯でヤクザを足抜けして専業主夫へと転身したのか?
問題だらけであることが確実なその過去が語られる日は・・・多分ないだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-06-04 18:12:31] [修正:2019-06-04 18:12:31] [このレビューのURL]


極主夫道と同じ作者の漫画

該当なし

おおのこうすけの情報をもっと見る

同年代の漫画

くらげバンチの情報をもっと見る