ホーム > 不明 > ハルタ > 北北西に曇と往け

6点(レビュー数:1人)

作者入江亜季

巻数4巻 (連載中)

連載誌ハルタ:2016年~ / KADOKAWA

更新時刻 2020-04-09 12:32:36

あらすじ 舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。3つ、その職業は、探偵――。あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。愛車ジムニーを駆りながら、胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の“エブリデイ・ワンダー”!!

備考

シェア
Check

北北西に曇と往けのレビュー

点数別:
1件~ 1件を表示/全1 件

倦怠感のあるハードボイルド探偵ものとして良好。

北欧やアイスランドのガイドブックというか旅行雑誌みたいな光景が壮麗で美しいです。心ほぐれるロードムービーとしてもおすすめです。

「乱と灰色の世界」のような美的センス、コマ割りもテキパキとしててスピーディーで読みやすいです。
視線のやり取り、同一化も技術点高いし、ドラマとしても寄与してます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-09 12:41:48] [修正:2020-04-09 12:41:48] [このレビューのURL]


北北西に曇と往けと同じ作者の漫画

入江亜季の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る