ホーム > 不明 > ハルタ > 乱と灰色の世界

6点(レビュー数:7人)

作者入江亜季

巻数6巻 (連載中)

連載誌ハルタ:2008年~ / エンターブレイン

更新時刻 2009-11-25 00:47:17

あらすじ 地方都市・灰町を舞台に描くマジック・アンド・ライフ。全能の力を持つ者たちが悩んでいるのは、ささやかな日常のトラブル。灰町に隠れて暮らす漆間一家に、幸せの日々が訪れるのはいつになることやら…。

シェア
Check

乱と灰色の世界のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全7 件

表紙に惹かれて読みました。

独特の世界観、絵柄は、自分の感性とはミスマッチだったようです。
切り口は斬新だとは思うんですが。

恋愛面は少し切ないです。

日常の話ばかりでしたが、最近はシリアスが増えて、佳境に差し掛かった感じです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-19 20:45:29] [修正:2015-02-20 19:12:05] [このレビューのURL]

4点 Scroogeさん

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、妹の四人家族が主な登場人物。
彼らは魔法使いで、ケーキをありったけ出す。空を飛び回るといった
楽しい魔法がとびかう。

漫画としては大変に上手。全てのコマで誰がどこで何をしているのかが明快で、
迷いが無い。
華やかさ、繊細さ、力強さを併せ持つ絵柄も好印象。

ただし、この漫画が何を意図しているのかがよくわからない。
未熟な魔法で騒ぎを起す妹を周囲が見守る、のが基本のストーリーで、
離れて暮らす母恋しさに暴走するのを父と兄が連れ戻す、というのが当初の基本。
そのうちに母が家に戻ると、今度は魔法で外見だけ大人になった乱に恋をする男たちの話になり、
やがて、恐ろしい魔物の封印がやぶれてなんだかエライことに?という話になる。

伏線を回収する一連の物語というよりは主人公一家の出来事を時系列に追いかけている印象で明確な意図やメッセージは4巻時点で読み取れない。
家族史は家族史でいいのかもしれないが、この一家をずっと見守りたいと読者に思わせる動機付けが弱い。

登場人物を所狭しと並べているが、結局のところ、好きな人とくっつくor離れる、家族を守る/敵と戦う、のような動機で動いているキャラクターが多い。

家族関係のあるあるネタでもなく、子供の成長物語でもなく、
魔法で人を助ける人情話でもなく、超能力バトル漫画でもない。
作者が考えた面白いキャラクターの発表会か?

かなり厳しく点数をつけたが、作者の才能が素晴らしいことは疑いようが無い。
よりテーマを絞り込んだ作品を期待する。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-31 01:07:07] [修正:2013-01-31 01:07:07] [このレビューのURL]

6点 kikiさん

初期高橋留美子のSFをもっと艶やかに、華やかにした感じの
魔法使い一家の日常ものという印象です。
ただここ最近はシリアスな展開にになってますね。
最初の方も最近の方もどちらもそれなりに面白いとは思います。
が、はまれる程のストーリー的な面白さは私にはないです。

多分それなりに世界観はあるものの、どこかで見たような感じで
作者独自のものがないからかなぁ。

あと”ホムダイの刑”が一番死にたくない方法な私には、凰太郎の
あの描写が大変読み辛くて気持ち悪いので読み返せないです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-12-31 23:49:32] [修正:2013-01-07 01:01:34] [このレビューのURL]

6点 ルリヲさん

タイトルと表紙に惹かれて購入。

絵と世界観が素晴らしい。
もともと魔法とか日常ものが好きなので読んでいて楽しかった。
最近シリアスな雰囲気や戦闘シーンが入ってきたのが少し残念。
登場キャラもいい感じ。おーたろと日比くんどっちも魅力的で応援したくなる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-14 23:03:58] [修正:2012-09-14 23:03:58] [このレビューのURL]

7点 booさん

漆間家は灰町に隠れて暮らす魔法使い一家。乱はお気に入りの靴を履くことで大人の美女に変身できるし、兄と父は動物に変身できる。母の静は単身赴任中。まだまだ子どもでトラブルを起こしがちな乱を中心に漆間家のとんでもない日常を描く。

大人乱とどこぞの御曹司凰太郎の恋愛?や兄の陣の発情期など見ていて楽しくなる日常も描きつつ、あちらの世界の暗い部分が平行して語られます。見た目は美女でも中身は天真爛漫な子どもの乱は可愛らしいですね。凰太郎がドキッとくるのも分かります。珊瑚ちゃんは正統派美少女的な可愛さですが。

やはり乱と灰色の世界の一番の魅力は繊細で個性的な絵。
古き良き時代の少年漫画に少し前の魔法少女もののテイストを足して今っぽくリファインした感じというと伝わらないかな?多少懐かしさを感じつつも洗練された他にないような絵柄ですね。表紙のような色彩感覚もセンスあるなーと感じます。fellows!でいうと星屑ニーナと並んできらきらした魅力的な世界を描ける方です。同誌の入江系の絵の多さを考えるとかなり影響力のある看板と言っても良いかも。

今の所話がまだあまり進んでないというのもあって世界観ありきの雰囲気漫画の域を出ていません。日常以外にあちらの世界など重めの要素が垣間見えるのでまだ方向性が定まってないぐらぐら感を読んでいて感じています。
欠点といえば、今まで長編作品がなかったからなのか話のスムーズさや各話の全体的な統一感がないような…。時系列の前後や構成のせいか話のぶつ切り感が全体的にものすごいです。慣れなのかな?後、凰太郎の外道っぷりがだんだん洒落にならないレベルになってきててもはや不快。

絵と世界観があまりに魅力的なので色々ともったいないように感じて欠点を書き連ねてしまいましたがおもしろいです。
学校に居場所がないゆえに背伸びして大人に変身してしまう乱とか、大人の乱を好きな凰太郎とありのままの乱が好きな日比とか掘ればさらにおもしろくなる要素はたくさんあって伸びしろは大きくありますし。雰囲気だけでなく深みも感じられる作品に化けたら加点するつもり。

余談ですが、何気に至る所にドロヘドロの影響を強く感じます。脱力系の美容魔法、虫や扉などのあの世界の雰囲気、たま緒の能力とか。うまく消化してプラスにしてますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-22 02:51:43] [修正:2011-08-22 03:06:25] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

乱と灰色の世界と同じ作者の漫画

入江亜季の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る