ホーム > 少女漫画 > 花とゆめ > しゃにむにGO

8.11点(レビュー数:9人)

作者羅川真里茂

巻数32巻 (完結)

連載誌花とゆめ:1998年~ / 白泉社

更新時刻 2009-11-25 06:34:36

あらすじ 本格的なテニス漫画。偶然出会った「尚田ひなこ」に一目ぼれしたという理由だけでテニスを始めた超初心者の伊出延久と、冷めやすい元ジュニアの名選手の滝田留宇衣の二人の主人公の成長物語。

シェア
Check

しゃにむにGOのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全9 件

9点 臼井健士さん

何よりも「必殺技のでない」テニス漫画であることが重要。
いや・・・ジャンプ連載の某テニス漫画と対極に位置しているなと。
試合のシーンはリアル。そしてタイプの異なる天才の描き方も上手いと思う。試合以上に「人間ドラマ」重視

前作「赤ちゃんと僕」でも思ったことだが、羅川先生は男性が読むのにも抵抗のない漫画を描かれる。
男女で読者を分けないというのは、ファンを獲得する上で重要な事ではないかと思う。
「赤ちゃんと僕」以上の巻数になったし。
テニス漫画の最高峰が現状だとこれ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-04 08:16:16] [修正:2012-01-04 08:16:16] [このレビューのURL]

9点 とろっちさん

テニス漫画における最高峰。
これまでテニス漫画はそれなりに読んできましたが、これがダントツで面白いです。

主要な登場人物は女子マネージャーを除き、ほとんど全員が男子キャラ。
二人いる主人公も当然ながらどちらも男。 まるで少年漫画。
どの辺りの読者層をターゲットにしたのかいま一つわからないですが、こういうこと言うのも何ですけど
少女漫画ということで知名度的に随分損をしてしまっている作品ではないでしょうか。
作者はこの後実際に「ましろのおと」で少年漫画に移ってしまっていますし。

長編ながらもよくありがちな引き延ばされたものではなく、ちゃんと内容を伴っての全32巻。
むしろ長いからこそ作者の話作りや構成力の非凡さが際立つのかも。
基本的にはテニスの熱い描写と、スポーツを通して成長していく主人公たちを描いた
少年漫画の王道とも言うべき構成になっています。
それとともに少女漫画の特徴である濃密な内面描写がうまく絡み合って話にぐいぐい引き込まれ、
読み始めたら止まらなくなるほどの面白さを発揮します。

そしてこう書くと意外かもしれないですが、この作者は本当に絵が上手いです。
もっと正確に言うと、テニスのプレー描写を、臨場感溢れる描き方で、しかも十分な熱気を伴って、
実に丁寧に格好良く描いています。
だからスポーツ漫画で最も重要な「試合の場面」が最も熱くて最も面白いという作品になっています。
これ非常に大事。

主人公(伊出)が天才過ぎるのはこの手のジャンルの常なので個人的には別に構わないのですが、
確かに佐世古家のドロドロ具合はそこまで必要とも思えなかったですね。
また、2年生でのインターハイ終了から3年生でのインターハイ開始までの期間の低調っぷりが
思ったより長かった(作者曰く、伏線をばら撒く重要な時期)ため、それがちょっと残念。
ただしそこからラストまでの怒涛の展開は本当に面白かったです。

全体的なノリはやっぱり少女漫画なのでどうしても受け付けない人もいるかと思いますが、
そうでなければぜひ男性にも(もちろん女性にも)お勧めしたい作品。
全32巻、読み切ったとき、「いやー良いもの読んだなあ」という気分になれること請け合いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-20 01:20:52] [修正:2011-09-21 01:18:38] [このレビューのURL]

9点 くろしびさん

まさに青春といった感じ。
読んでると高校時代をやり直したくなる。

主人公二人?も個性的で、後半の二人の続き(ラストのあたり)は
もっと読みたいぐらいでした。

あえてここで終わりにすることで、
ダレることなく高評価で終われるのも事実ですが。

好きなキャラは池やんコーチ。
ちょっと凄すぎ感があるけど、こういうキャラ好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-06-30 15:27:22] [修正:2010-08-18 11:48:59] [このレビューのURL]

8点 二軍Tシャツさん

青空の似合う作品

初めての少女漫画(私は男性です)。
素晴らしい作品に巡り合えました。

少女マンガの皮を被ったスポ根少年マンガであると言えます。

全32巻となかなか量は多めですが、中だるみなど一切存在しません。
登場人物は少数に限られており、それぞれにみあったエピソードが十分に用意されています。
ストーリー展開も非常に秀逸、相反する二人の天才を見事に描き、その最後も涙なしには語れません。
テニス漫画の最高峰と断言できます。

もしこのレビューをご覧になっていただけているのなら、私は自信を持ってお勧めしたいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-17 17:34:18] [修正:2010-08-17 17:34:18] [このレビューのURL]

9点 トトさん

ついに完結!!
イデとルウイという両極端な高校生2人がインハイテニス優勝を目指す―

王道な話ではあるものの、技術的な面も含め非常ににしっかり描かれているため文句のつけようがありません。
しいて言えば仮にも少女マンガなのでそれっぽいシーンが嫌だったなと。

軸は上の二人ですがその他の部員や相手にもスポットライトがあてられ、背景も含めて感情移入してしまうこと請け合いです。

たぶん、いや間違いなくテニスマンガの最高峰。
最後のインハイシングルス決勝は涙なくしては読めないでしょう!!

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-01-12 20:20:57] [修正:2010-07-23 12:45:50] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

しゃにむにGOと同じ作者の漫画

羅川真里茂の情報をもっと見る

同年代の漫画

花とゆめの情報をもっと見る