ホーム > 不明 > 月刊コミックバーズ > リアル鬼ごっこ

0.88点(レビュー数:26人)

作者杉山敏

原作山田悠介

巻数1巻 (完結)

連載誌月刊コミックバーズ:2004年~ / 幻冬舎

更新時刻 2009-11-25 06:27:04

あらすじ 現在最も注目されるホラー作家、山田悠介のベストセラー「リアル鬼ごっこ」ついにコミックス化! 期待の新鋭杉山敏が描く戦慄の“佐藤”狩り。
Amazonレビューより。

シェア
Check

リアル鬼ごっこのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全26 件

3点 rさん

絵柄はなんか同人誌っぽいというか・・・
ストーリーはまあ原作がアレだから仕方ない。

原作のアレさをわかっていて興味本位で読むなら良いのではないかと。

s-fateさんの最初の指摘については原作を忠実に踏襲している部分であろうと思われる。

ああそうか作画の酷さも原作の文章力を忠実に反映したと思えばこれはまさにコミカライズと呼ぶに相応しい作品なのかもしれないなあ・・・

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-15 22:00:01] [修正:2010-09-15 22:00:01] [このレビューのURL]

3点 s-fateさん

すごい酷評なので読んでみました。絵がヒドイというより、「西暦3000年」という「いちおくまんえん」レベルの設定を描くことを完全に放棄しています。テキトーに未来風。まあ一巻だけでそこまでやってられるかって感じなのでしょうかね。絵は確かにうまくはないと思いますが、ありがちな絵ですので、恐いもの見たさ的な欲求は満たされません。話のほうは、ある意味びっくりしますね。どんでん返しがこうも効果無しで終わる話も珍しいです。
まあ時間つぶしにはなったので3点。つぶれた時間は20分ほど。

それから2のほうは絵が普通にうまい人が描いてますが、点数は同じです。おかげで絵でカバーできる作品でないことがわかりました。2は将軍で鈴木。じゃあ3は総統で高橋あたりですかね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-22 01:32:21] [修正:2010-07-22 01:32:21] [このレビューのURL]

0点 何某何さん

いかなる漫画においても、商品化されて世に出回っている以上は、探せば少しくらいは褒める点がありそうなものだが、いかんせんこの作品は悲しいかな、そういったところが一切無い。

まず、画が非常識に汚い。
それも、思わず笑いがこみ上げてくるような下手さではない。
嫌悪感がふつふつと湧き上がってくるような汚さなのだ。
全く迫力が無いので緊張するシーンでも臨場感が全く伝わってこず、
全くもってデッサンが狂っているので、登場人物に全く魅力を見い出せない。
はっきり言って、幼稚園児のほうが遥かに良い絵が描けるといっても全然過言ではないのだから、驚愕に値する。

ストーリーもそれに輪をかけてどうしようもなく、独創性が壊滅的に感じられない展開、陳腐でチープで寒々しい台詞回し、ズレにズレまくって極端に悪いテンポ、と、
読むに耐えない要素が全ページに渡って延々と詰め込まれている。
よくこれで「リアル」などというタイトルが名乗れたものだ。

通常ここまでひどいと、ある意味一周回って逆に面白く見られたりもできるものだが、それすらも不可能ときているから、実に非常に本当にタチが悪い。
原作の小説も日本語が残念で相当にアレな産物だが、これもそれに劣るとも勝らない。
読んでいて頭痛が痛くなってきて、椅子からずり落ちて落下してしまいそうになる。

もはや漫画作品ではない、ただの紙束だ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-11-12 20:08:21] [修正:2009-11-12 22:47:21] [このレビューのURL]

1点 Sealさん

このサイトでの評価があまりにも低いので前から気になっていました。
先日古本屋で衝動買いしましたが、大失敗でした・・。
やはり申し訳ないのですが絵が酷過ぎる。
とても単行本として出版できるレベルだとは思えません。
リアル鬼ごっこという設定は悪くないかなとも思いますが、ストーリーは陳腐に感じました。
自分は原作の小説は未読なんですが、これで本当に売れたんでしょうか?
他のレビューを見ると、ラストがやや違うそうなので小説の方が多少マシなのかな。
1巻だけなので何とか読破できましたがそれが限界でした。
2点以下の点数をつけるのは初めてです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-08-25 19:09:09] [修正:2009-08-25 19:09:09] [このレビューのURL]

0点 メカざわさん

テーマ作品。絵はキムチをドブに捨てたようなもの。これって同人誌なの?今日び同人誌だってきれいな絵だよ。

これは自信があります。間違いなく0点です。構成力0点、原作レイプ0点、絵0点、演出0点、すべてムダムダムダムダー。他の方も辛い点数だし、他のレビューサイトを見てもみな0点です。いずれ漫画に教科書がでるようなら、ダメの見本として貴重なサンプルとなるでしょう。

原作は読んでませんが結構大ヒットしたそうだし、映画化もするそうです。もし原作が本当におもしろいのであるなら、この漫画はそれをダメにする最低のスパイスですね。少なくとも本作品を読んで原作を読もうという気になれません。

とにかく内容がザル。中学校の漫研で発表された作品なら将来が楽しみといったかもしれない。完全にタイトル負けしている。実は購入前にレビューサイトで酷評を受けているのは知っていたのだが、そこまでの酷評をされているならきっと賛否両論なのだと思い、期待を胸に買ってしまったのだ。賛否両論?否定意見以外を聞いてみたいよ。さっさと絶版になればいいのに。間違って国外で出てしまったら日本という国が誤解される。日本の恥だこんなの。政治家とこの作品は海外に行くんじゃない!バカタレ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-08-19 21:02:22] [修正:2009-08-19 21:02:22] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456

リアル鬼ごっこと同じ作者の漫画

杉山敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックバーズの情報をもっと見る