ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 最終兵器彼女

5.79点(レビュー数:72人)

作者高橋しん

巻数7巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:08:44

あらすじ 時代背景が「現在」の戦争中の日本。
普通の高校生のはずのシュウジとチセ。彼らの心にも戦争が大きくのしかかり、覚悟を決める時代。

チセの口癖は「ゴメンナサイ」だった。ドジで背が小さく、あまりしゃべらない「彼女」。
ある日シュウジが友達たちと札幌へ買い物に行くと、空襲に遭ってしまう。
そこに現れた日本の最新式の兵器。ソレは敵を打ち落とし、地に舞い降りた。
白煙に包まれたそれは間違いなくシュウジの「彼女」だった。
「ごめんね、シュウちゃん。あたし、こんな体になっちゃった」

シェア
Check

最終兵器彼女のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全72 件

0点 みずまるさん

[ネタバレあり]

「いいひと」の読者だった私ですが,この作品は好きになれませんでした.

思わせぶりなモノローグや,記憶のフラッシュバック,ジェットコースター的な展開で引きつけるのは,良いと思います.
しかし,ストーリーが私には合いませんでした.

まず,女性の扱いが良くありません.主人公の事を思いながら,皆不幸になっていきます.青年マンガだからしょうがないのかもしれませんが,男性の私が見ても,男の勝手なエゴを押しつけられている感じがしました.
特に,ヒロインの「ちせ」はその傾向がひどく,兵器である点を除いても「男の妄想」に感じられました.その上,兵器でもあり,ミリタリーやロボット好きな男性の勝手な欲望が生んだ虚像に見えます.

ラストは人類が滅び,主人公は,「ちせ」と二人で生き残りますが,その状況にあまり悲しみを感じていないようです.
私の独断と偏見ですが,このラストは「都合良く完成された虚像の女性といられれば,他人は滅んでも構わない」とも捉えられると思います.

読後にそう考えてしまった私は,背中が薄ら寒く感じられ,残念ながら,嫌な気分になってしまいました.

ナイスレビュー: 7

[投稿:2009-05-01 13:02:10] [修正:2009-05-01 13:02:10] [このレビューのURL]

3点 rankyさん

個人的な印象は
設定に始まり
設定に振り回され
最終的に発散してしまったマンガ

彼女が最終兵器という設定で
戦争をつけざるをえなかったのだろうか
戦争をつける時点で
残酷さを演出せざるをえなかったのだろうか
残酷さのなかでの救いは
逃避ということでしかなかったのだろうか


確かに、このマンガに描かれた姿はリアルかもしれないが
マンガの中で改めて知らされるものでもないと
ひねくれものなりに思ってしまったので
ちょっと、厳しい評価になってしまいました。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2007-05-05 09:27:21] [修正:2007-05-05 09:27:21] [このレビューのURL]

4点 フクポルさん

<所持歴:全巻。現在は売却>

賛否が分かれてるのに興味を持ち、読んでみました。

高評価を付けてる皆さんのレビューは「なるほどな」とは思いましたが、
自分はというと、高評価は付けれませんでした。

設定がどうとか、ストーリー・キャラがどうとかそういうんじゃなく、
理解出来ないって訳でもないけど、単純に読み難い。
故に、たとえそこにどんな深い意味合いが込められてるとしても分かり辛い。
が、読み難い作品というのは他にもあり、例えば士郎正宗作品などはそれに該当すると思いますが、
そちらは(決して理解出来てるとは言いませんが)凄く好きな作品です。
それなら何故、こうも違うのか。
それはもう自分に「合う・合わない」という感覚的なものなんでしょう。
そんな自分なので、ラストも
「全ての犠牲の上に立ってる」
ということが全く感じられず、
単に
「究極の我侭」
としか捕らえられませんでした。


戦争や、それによって引き起こされる悲劇、理不尽な死など、かなりデリケートなものを扱っていて、
それらを真面目に描いてるとは思いました。

でも、残念ながら自分には合わなかった。
なので、「ちょっと買って損したかなぁ」なんて思ってしまい、
評価も5点から4点に変更。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2008-03-27 23:02:54] [修正:2010-02-07 16:49:42] [このレビューのURL]

3点 Prinkさん

世界中の人々が無残な死を迎えようが知ったこっちゃない。
「ロリコン美少女と毎日イチャイチャしてセッ○スできれば万事オッケー」という、
身も蓋もない結論に辿り着いた問題作。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2008-07-19 12:29:24] [修正:2008-07-19 12:29:24] [このレビューのURL]

6点 ちょうあんさん

昔ドラマ定番の、不治の病→出会い→障害→つかの間の幸せ→
死にそうになり生きるor死ぬ、っぽい感じか
設定うんぬんは抜きにして、作者の意図どおりなのか恋愛の純化
が浮き立っているのはいいところ。嫌だった所は内省的すぎて
うざったかった。人に勧めれるかというと微妙なので6点
作者の世界観にハマれればおもしろく読めると思う。YouTubeあたりの短い動画を見た後ならもう+1点はイケると思う。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2008-05-24 01:15:45] [修正:2008-05-24 01:15:45] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

最終兵器彼女と同じ作者の漫画

高橋しんの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る