ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > 男おいどん

5.83点(レビュー数:6人)

作者松本零士

巻数9巻 (完結)

連載誌週刊少年マガジン:1971年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:41:23

あらすじ 人畜無害無芸大食
仕事に学業に大忙しの男大山昇太!

シェア
Check

男おいどんのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

3点 torinokidさん

この作品はちょっと評価しにくいなあ。
若い頃はそれなりにハマってたんだけど、
大人になってから改めて読むと、どうにも共感し難い。

時代が違うので一概には言えないんだけど、
あまりに使えなさ過ぎだろうよ、この大山君は。

思い出補正もイマイチかかりませんな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-29 16:33:31] [修正:2012-01-29 16:33:31] [このレビューのURL]

5点 rさん

おいどんは最高の愛すべきバカである。
こんな奴をこれでもかと描ききる松本先生は言うまでもないが天才。

ただ筋書きがワンパターン。
ワンパターンは良いがこれで9巻は長かった。
そこまでつきあう価値は感じられない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-17 06:25:04] [修正:2010-09-17 06:25:04] [このレビューのURL]

8点 daizouさん

「明日のために今日も寝る」いい言葉。
男だぜおいどん。

あんな生活嫌なんだけど、なんかちょっと憧れた。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-10-16 18:40:33] [修正:2009-10-16 18:40:33] [このレビューのURL]

6点 ガクちゃんさん

サルマタ、ラーメンライス、四畳半…。1時期を表現するアイテムって実はとても少ない。なぜだか、それらがとてつもなく懐かしく思い出される日が来る。若いと苦いって字が似ているよなぁなんてそういう味わいの作品。
作者は、おとぎ話の語り部のように戦争を語り、宇宙を語り、そして男を語る。
当時としては、ブ男が主人公の作品はとても珍しく新鮮だった。いや、かっこいいんだけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-04-02 22:56:14] [修正:2009-04-02 22:56:14] [このレビューのURL]

6点 まれらさん

四畳半でみっともない片意地を張っているサルマタの怪人が、実は一番カッコいい。
例えばトチローや鉄郎は、宇宙へ行くからカッコいいわけではなく、銃が上手いからカッコいいわけでもない。そんなカッコよさを純化させた究極がおいどんだとするのは誉めすぎだろうか。
流されてしまえば楽なのに、どうしてもそれができないとおいどん自身が知っているし、読者もそれを知っている。そこがまたみじめで、カッコよくて、やがて哀しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-11 01:00:01] [修正:2008-02-11 01:00:01] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

男おいどんと同じ作者の漫画

松本零士の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る