ホーム > 不明 > コミックフラッパー > ふたつのスピカ

7.5点(レビュー数:40人)

作者柳沼行

巻数16巻 (完結)

連載誌コミックフラッパー:2001年~ / メディアファクトリー

更新時刻 2009-11-25 06:27:31

あらすじ 西暦2010年。日本人初の有人宇宙探査ロケット「獅子号」は市街地に墜落して多くの死傷者を出す惨事となった。事故で母親を失った少女・アスミは、事故機のパイロットの幽霊、「ライオンさん」と出会い、宇宙飛行士を夢見る・・・。

備考 2003年から2004年にかけてNHKにてテレビアニメ化、2009年に同じくNHKにてテレビドラマ化された。

シェア
Check

ふたつのスピカのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全40 件

6点 Scroogeさん

厳しくて優しいおとぎ話のような漫画。
感情移入しやすく、続きが気になる。
だが、展開がトロい上に似たような事を繰り返す。
作者自身を主人公にした巻末のフラれ漫画も意味がわからない。
結局、星へ辿り着く人たちでなく地上から星へ手を伸ばす人たちの話なのだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-11 21:44:53] [修正:2015-11-01 02:24:44] [このレビューのURL]

夢への困難を克服して、真摯に向かう姿勢は応援したくなります。
努力した分だけ報われるのは嬉しいです。上手くいきすぎな部分もありましたが。

個々のキャラの背景とか、エピソードが秀逸です。
ただ伏線未回収が少し目立ちます。作者も巻末で言ってましたが。  

絵は稚拙ですが、見やすいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-29 22:55:47] [修正:2015-02-25 00:06:12] [このレビューのURL]

4点 gundam22vさん

ドラマ化、アニメ化など各方面で評判良いんですが、個人的に合わなかったです。宇宙関係は他作品以上に添え物で少年少女の思春期学校生活という感じなので、それが好きかどうかでかなり相性変わるかなと(それも結構ジメジメした感じです)。

個人的に泣かせようと強引に狙うような話運び、初期からライオン
さんが素顔晒すことで神秘性がなくなった辺りも好きではなかった
です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-10-28 21:58:50] [修正:2013-10-28 22:00:21] [このレビューのURL]

5点 ヨコタスさん

良作です。

夢に向かって

苦難や試練を乗り越えていく

小さな女性


しかし夢は広大

そこに浪漫があり、純粋で儚い気持ちになる。


仲間と力を合わせ

目を星より輝かせて

そんな人に

私もなりたい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-09 06:12:14] [修正:2011-12-09 06:12:14] [このレビューのURL]

10点 kawapoo326さん

表紙の女の子が小学生みたいに幼いので、ただのファンタジー漫画
なのかと思い、手を出すのを渋っていました。

しかし、実際読んでみるとファンタジックではありますがとっても
深いテーマの漫画でした。悲しいけれど、読み終わった後心が
ほっこりする。そんな漫画が読みたい人はぜひ読んでみてください。

好きなマンガは何?と聞かれて返す作品の一つです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-11 00:15:54] [修正:2011-09-11 00:15:54] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

ふたつのスピカと同じ作者の漫画

柳沼行の情報をもっと見る

同年代の漫画

コミックフラッパーの情報をもっと見る