ホーム > 少年漫画 > 月刊少年ライバル > アンカサンドラ

5.25点(レビュー数:4人)

作者天道グミ

原作斐文士吾朗

巻数2巻 (完結)

連載誌月刊少年ライバル:2008年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 00:45:15

あらすじ 「未来は変えられない――」と信じていた“予言者”別宮七喜。「20歳で死ぬ――」と予言され、“未来を壊す”少年・木崎万丈。相反するふたりが、反発しながらも、見え隠れする予言を元に、未来を破壊する、新感覚×タイムサスペンス×アクション!

シェア
Check

アンカサンドラのレビュー

点数別:
1件~ 4件を表示/全4 件

8点 やじウマさん

この人の描く女性キャラの「瞳」がすごく好きで、これを見たいがために読んでいた。
話はツマラン、というか編集部かなんかのテコ入れにそのまま流されていった感じがアリアリで読んでいて気の毒になる。
「編集王」に描かれてたいい絵を描く新人漫画家が、上の人の意見に流されていった結果自分の描きたいものが描けず打ち切られる、って現実だとこういう感じなのかな、と思った。

でもこの作品のあとにそこそこ売れる作品に当たったようでホッとした。
特徴のあるいい絵描くもんな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-25 21:02:27] [修正:2016-09-25 21:02:27] [このレビューのURL]

2点 Scroogeさん

高校生の少年と少女が未来を変えるために奔走する漫画。
事件や事故を予知して、それを防ぐ。作中では予言破壊と読んでいる。

主人公たちがなぜ頑張っているのかが読者にわかりにくい。
頑張れば未来は変えられる!と言われても、なかなか感情移入できない。
つまり、この人たちが助かって良かったなと思えない。

作品のテーマ、各エピソードの見せ場、キャラクターの魅力などが
絞りきれておらず、キャラクターがフワフワと格好をつけているだけのような印象。

途中から惨劇の未来を作り出す「カサンドラの仮面」と対決する話になり
ますます訳がわからなくなる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-07 21:24:03] [修正:2013-06-07 21:31:45] [このレビューのURL]

5点 そうすけさん

作者が何を描こうとしているかがわかりにくいが、主人公達の行動はわかりやすいのでそこが救いといえば救い。

単純なバトル?ものと割り切ってこの点数。ライバルのなかではましなほうだと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-13 11:28:53] [修正:2009-01-13 11:28:53] [このレビューのURL]

6点 a6a6さん

まず主要キャラの動機が不潤すぎる。暇つぶしと言えばそれまでかもしれないが。
さらに主人公に至っては能力の内容がよくわからない。今後解明されていくのだろうか?
絵とか構図とかキャラのひねくりっぷりは商業漫画の中ではオリジナリティがあって良いと思う(ただ素人が易々と描きそうな感じでもある)。
欠点が目立つ漫画だが、骨組みとなるストーリー自体は分かりやすい。倫理観がステレオタイプでないところも良く、今後の展開によっていろいろ面白くしていけそう。
題材は少年マガジンあたりでよく使われそうな感じのものだが、作者が違うと内容もガラッと変わってて趣深い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-09-06 22:23:04] [修正:2008-09-06 22:23:04] [このレビューのURL]


アンカサンドラと同じ作者の漫画

天道グミの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊少年ライバルの情報をもっと見る