ホーム > 不明 > 月刊コミックNORA > おざなりダンジョン

8点(レビュー数:3人)

作者こやま基夫

巻数17巻 (完結)

連載誌月刊コミックNORA:1987年~ / 学習研究社

更新時刻 2011-07-27 23:43:06

あらすじ 戦士・モカ、盗賊・ブルマン、魔法使い・キリマンの最強(?)パーティーは、理力の塔の「白のマスター」からの依頼で、邪悪な魔導師「黒のマスター」に奪われた塔と、人質となった「奥さん」を取り戻すことに――。剣と魔法の世界・ゴンドワナ大陸を舞台にモカ、ブルマン、キリマンの3人が縦横無尽に大活躍!!

備考 続編に『なりゆきダンジョン』『なおざりダンジョン』がある。

シェア
Check

おざなりダンジョンのレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

8点 森エンテスさん

その後の作品もありますが、とりあえず本編のみのレビューを。

最高ですね!

これぞ剣と魔法の世界のファンタジー作品という感じです。
登場人物もキャラが立っているし、何よりもマンガとして読みやすい。

今の絵柄からすると古い絵柄ではありますけど、こういう「普通に楽しめる」作品こそが一般人向けなんじゃないかとも思います。

『スレイヤーズ』は間違いなく、この作品の影響を受けていると思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-16 21:27:00] [修正:2016-02-16 21:27:00] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

前にレビューしてくれている方がほぼ纏めてくれている状態ですが、それで作品を知り全巻読んで楽しめたのでまず感謝したいです。一編完結の各地冒険話と世界規模の大きなストーリー、ギャグとシリアス両方のバランスが良くて素晴らしいです。絵柄が古いのにあまり感じずに親しみやすいこと(女傑主人公モカは作中美少女扱いされませんが絵的にかなり可愛い)も特徴ですね。話も画力も最初からどんどん向上して最後にピークを迎える現在でも珍しい漫画かと。全17巻(読み切り作者短編飛ばせばもっと短い)と中だるみ的なのはほぼ有りません。第一部完的な終わり方ですがここでも区切りが出来ているのでここからもし劣化しても「ここで読むのやめたら(続きはないものとしても)大丈夫」と言いやすいのも利点。同誌掲載の「マップス」は知っていてもこの作品は知らなかったのですが、良い意味で似たような作品でした。続編以降も是非読んでみようと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-08-29 13:19:30] [修正:2014-08-29 13:19:30] [このレビューのURL]

8点 mokaさん

ドラクエやロードス島戦記などで序々に「剣と魔法のファンタジー」といったジャンルが
漫画でも開拓されてきた時代に生まれた、このジャンルの草分け的存在として
知る人ぞ知る、傑作ファンタジー漫画。 1987年連載開始。
月刊コミックNORAの有名作品「マップス」と「おざなりダンジョン」は
連載当時2枚看板と言われていました。
今作はノーラの最長連載作品でもあります。

エルフ・龍・神・魔物が存在する世界を舞台に繰り広げる冒険活劇です。
これらファンタジーの世界観は現在ではやりつくされたテーマですが、
当時はこの世界を見事に漫画として面白くまとめた作品として
現在までコアなファンがついている名作です。
もっとメジャー誌で掲載されていれば、漫画界において広く名作として知れ渡っていたと思われます。


主人公の女剣士モカ、小さいけど頭のキレる盗賊ブルマン、普段ボーッっとして無口だがいざとなると頼れる魔法使いキリマンの
3人組の冒険者たちのキャラクターがとても魅力的で、
それぞれのキャラを生かした掛け合いが
良い笑いと引き込まれる魅力を生んでいます。

特に主人公の女剣士モカは、作品の魅力の全て担うぐらいに良いキャラクターをしており、
読者でこのキャラを嫌いな人はいないのではないかと思えるほどの魅力を放っています。

背景には大きなシリアスストーリーの流れがある中、
主人公の3人は勝手気ままに自由な旅を続けることで
世界や多くの人々と少しずつ接点を持つことにより後に大きな渦に巻き込まれていく流れも話が入りやすく読みやすいです。
出てくるキャラクターも皆個性的でいい。
しかも各章がきっちり単行本1冊で見事な起承転結で終わるのでとてもテンポがよい。
そして終盤は集まったたくさんの仲間達との共闘や、
ラスボスとのタイマン戦闘など熱い展開を見せてくれます。

ファンタジー漫画好きには、必読の作品と言えます。


「おざなりダンジョンシリーズ」といわれる作品群は、その後
「おざなりダンジョン(全17巻)」
「なりゆきダンジョン(続編)(全3巻)」
「なおざりダンジョン(過去編)(全8巻)」
「おざなりダンジョンTACTICS(完結編)(全6巻)」と
2013年にこれまでの伏線をまとめて見事完結に至りました。
おざなりダンジョンでこの世界観を気に入った人は、これら続編も是非オススメです。

正直、主人公3人のキャラクターならまだまだまだ続編作れるんじゃないかなぁ・・
とつい期待もしてしまう。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-07-15 05:03:17] [修正:2014-07-15 05:08:05] [このレビューのURL]


おざなりダンジョンと同じ作者の漫画

こやま基夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックNORAの情報をもっと見る