ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > ドラゴンヘッド

4.87点(レビュー数:40人)

作者望月峯太郎

巻数10巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:1994年~ / 講談社

更新時刻 2012-12-17 17:25:32

あらすじ 修学旅行帰りの高校生テルらを乗せた新幹線が、突如、トンネル内に閉じ込められる。奇跡的に生き延びたテルは、閉ざされた空間で正気を失っていくノブオから逃れ、同じく生き延びたアコとともに、地上へ脱出する。しかし、そこで彼らが見たものは、世界崩壊後の地球の姿であった。

備考 2003年に実写映画するも理解不能なラストや役者の演技力不足から不評に終わった。

シェア
Check

ドラゴンヘッドのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全40 件

6点 punpeeさん

世界終末サバイバルもの。

パイオニア的作品が「サバイバル」なのは間違いないし、敬意は払いますが、それを遥かに上回るスケール、リアリティで魅せてくれた作品です。

特筆すべきは、終始絶望感、緊迫感、閉塞感を纏った描写力や世界観で、極限の心理状態を描ききっている。
常に切羽詰まっている人々の目が良いです。

特に1、2巻の、事故が起きた列車内での掴みは素晴らしかったと思う。
読み手に「何が起こったか分からない」という臨場感を見事に与えてくれた。

列車から脱出してからは不謹慎ながら「思ったよりやばい事になってんなー」と、ワクワクした記憶があります。

特にクライマックスの、まさに今、東京が壊滅していく迫力は凄まじかったです。
映像を見ている様にかっこよかった。
連載時「どんだけ休載すんねん!」と思ったが、納得の描写力。

結局テーマはロボトミーだったのでしょうか。。。

どんな現実でも逃げずに立ち向かう、
人は想像出来るという、
という、捉え方によったら陳腐なテーマかもしれません。
でも、あれだけ崩壊した世界で、これ以外の終わり方は無い様に思いますけどね。

ただ、やはりどんな状況になろうと、日本人の性質上、暴徒にはならないと思う。
というのは私の持論。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-02-27 17:55:16] [修正:2017-02-27 17:55:16] [このレビューのURL]

序盤は本当に引き込まれました。
恐怖感、極限状態の人間の狂気もよく表せてました。

見切り発車で連載し始めたのか、ラストの投げやりがひどかったです。

究極の恐怖とはというテーマを探究していくのは良かったのに、
ラストの回収のせいで、モヤモヤが残りました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-17 21:10:21] [修正:2014-11-17 21:48:31] [このレビューのURL]

8点 勾玉さん

ラストでの賛否はどうあれ
全体を通して見れば、単純に面白い漫画だと思う。

自然災害の脅威と、恐怖に押し潰された人間の狂気、
この2つの恐ろしさが身を震わせる迫力で描かれていて
恐怖という感情を呼び起こしてくれるパワーを感じます。

こういうパニックサスペンスって
「こういう状況になったら自分はどうするかな」って
読者に思わせたら勝ちなんじゃないでしょうか。
自分は想像しちゃいました、負けです、面白いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-12-17 17:27:30] [修正:2012-12-17 17:28:09] [このレビューのURL]

3点 sin00さん

 特異な状況の表現はそれなりに成功しているが物語としてはあまり楽しめない.この作品を呼んでいるとゴールディングの蝿の王を思い出す.

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-19 01:59:13] [修正:2012-02-19 01:59:13] [このレビューのURL]

9点 japanese.boyさん

始終分からないことへの恐ろしさ、意図しないことが起こる恐怖を追及した作品だと思いました。

ヒトってじれったいほど何を考えてるか分からないし、自分勝手。でも自分自身だって怖いぐらいよく分からない。
そもそも今起こってること、地震だったのかもよく分からないし、富士山が噴火したのか、秘密にしていた核が爆発したのか、もしかしたら日本だけじゃなく世界が滅びたのか、いっそそれ全部が一斉に起こったのか、何なのかも分からない真っ暗闇。
とにかく分からないことが起こって、しかも知っていけば知っていくほど、生きれば生きるほど絶望していく。それがありありと僕に伝わってきてハラハラして「あぁ、これが絶望か」って

でも、どんなに絶望的になっても、テルと瀬戸さんが2人一緒にいるときは、本当に心からほっとするんだよねぇ。なんでだろ?

いろいろ考えて9点

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-12-02 23:55:19] [修正:2011-12-07 01:13:38] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

ドラゴンヘッドと同じ作者の漫画

望月峯太郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る