ホーム > 不明 > 短編集 > 竜の学校は山の上

6.16点(レビュー数:6人)

作者九井諒子

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:2011年~ / イースト・プレス

更新時刻 2011-08-15 17:46:53

あらすじ ウェブや同人誌即売会で作品を発表し、広い世代から注目を集める新星、初の作品集!
勇者は孤独な里帰り、女子中学生の天使は進学に悩み、
ケンタウロスは馬車馬のように働く、今日も大学の上空には竜が飛ぶ―…あたりまえのように、そこにある非日常。現実(リアル)と幻想(ファンタジー)が入り混じる「九井ワールド」へご案内!
~あなたの心に届く物語が、きっとあります。~
ウェブや同人誌即売会で発表された7編に加筆修正を加え、描き下ろし2編もあわせて収録。

シェア
Check

竜の学校は山の上のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

魔王を倒した後の勇者の後日談、魔王の城の再利用など設定の発想が豊かです。

独自の発想だけではなくて、人間とケンタウロスが共同する世界を描いて、
種族間の価値観の相違、労働問題などの社会問題も表しています。

ファンタジー、昔話、SF、現代社会などの舞台の話を多彩なタッチで描いています。

「現代神話」が好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-06 19:26:16] [修正:2020-04-04 21:28:58] [このレビューのURL]

7点 片桐安十郎さん

九井さんの作品はなんか不思議な面白さ
があるよなーと感じます。
個人的には現代神話が良かったです。進学天使はなんか既読後の虚しさがあり少し悲しい気持ちになりました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-15 19:20:52] [修正:2014-05-15 19:20:52] [このレビューのURL]

5点 kikiさん

竜が現実にいたら、この文明化した社会では維持費が嵩むばかりで意外と役に立たない存在だったり…?
ケンタウロスが普通に会社に勤める社会では労働格差が生まれていて…?
など面白い設定が多いファンタジー短編集。
絵がまだこなれてなかったり物語がやや唐突な所があったりして私には少し読みにくかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 20:02:19] [修正:2014-03-26 20:02:19] [このレビューのURL]

6点 s-fateさん

 良いところで終わった話の後日談を書くと急に生臭い話になるとか、普段描写されていないところにスポットライトを当てると意外なものが見えてくるとか、そういった類のマンガです。この作品はマンガやゲームの世界になじみのある人なら、視点の面白さに引き込まれて読み終えることができると思います。
 個人的には、よくある「それを言っちゃおしまい」的なシラケ目線のギャグにしないで描いているところが面白く感じました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-29 19:04:39] [修正:2011-12-29 19:04:39] [このレビューのURL]

5点 booさん

 魔王を倒したその後の勇者と国々は?、人間に滅ぼされた魔王の正体とは?、ケンタウロスや天使、竜などの想像上の生物が現実にいたらどうなる?…九井諒子の現実と虚構を織り交ぜた奇妙で温かい短編集。

 えすとえむの作品といい邦訳されたシビルウォーといい、フィクションの世界を現実的に突き詰めて考える、という手法は最近の漫画のちょっとした流行かもしれない。元々ファンタジーの世界が現実世界のメタファーであることは珍しくないけれど、それをさらに強く押し出しているという点でこれらはなかなかに興味深い。
 
 作者の九井諒子は、WEB上や同人誌上で短編を発表し続けてきた人らしい。この短編集もそれらに修正を加えた上でまとめられたものということ。
 まだプロとなって日が浅いせいか、漫画の描き方がこなれていない印象を受ける。WEBにアップされている絵や短編の中でも力の入っているカットを見ると、画力はそれなりに高いはず。でも一つの作品としては、バランスが悪くて調和してないように思える。ただ漫画を描くのに慣れていった時に、絵柄の多彩さも含め、すごく楽しみな作家さんであることは間違いない。

 様々な短編が収録されている作品だけれど、私が一番気に入っているのはやはり表題作の「竜の学校は山の上」。よく練りこまれた世界観、竜の必要性、そして部長の「世の中にはな、二つのものしかない…」の台詞、希望を感じさせてくれる良い短編だった。
 ただ虚構が現実を侵食出来ていた作品は個人的にはこれだけかなぁ。どれも発想はおもしろいのだけれども、詰めがもう少し。特に馬人と猿人の短編「現代神話」は惜しかった。

 ただ「現代神話」に関しては、どうもえすとえむのはたらけ!ケンタウロスと無意識に比べてしまった部分があってあまり公正に見れなかった気が…。何で人とケンタウロスが結婚しうるのよ、とかケンタウロスはあの服だと一人で着れないよな、とか細かいリアリティが足りなかったためか物語に入り込めず。
 でもこの手の作品はいかにフィクションを現実に押し上げれるかが勝負なわけで、やはり惜しい。明らかにこの短編集は寓話として描かれている作品群だけれど、そのリアリティも示唆するものも私がおもしろいと感じたのは「竜の学校は山の上」くらいだった。

 でも寓話って本当に描くの難しい気がする。最近甥っ子に「泣いた赤鬼」を読んであげた時につくづくそう思った(泣いたよ…)。シンプルに、でもシンプルだからこそ寓話というのは大きなものが込められる。でも込め方が上手なのと込められたものが大人の鑑賞に堪えうるかというとそれはまた別の話で。
 この作品集は良い寓話になりうる原石がいっぱい詰まっている。まだそれらのほとんどは原石に過ぎないかもしれないけれど、これから先磨かれていったらどうなるかを楽しみにしています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-25 22:29:20] [修正:2011-12-25 22:30:45] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

竜の学校は山の上と同じ作者の漫画

九井諒子の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る