ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 神童

7.18点(レビュー数:16人)

作者さそうあきら

巻数4巻 (完結)

連載誌漫画アクション:1997年~ / 双葉社

更新時刻 2012-06-29 15:57:39

あらすじ 浪人生・菊名和音は栄光音楽大学を目指しているものの、「合格は無理」と言われていた。そんなある夜ボートを漕いでいた和音は野球ボールを捜しにきた少女・成瀬うたと知り合う。勢いでうたに部屋に上がりこまれる和音だが、彼女は和音のピアノから聴いたことも無いような素晴らしい音色を奏でたのだ……。 (Wikipediaより)

備考 文化庁メディア芸術祭・優秀賞、および手塚治虫文化賞・マンガ優秀賞をダブル受賞。

2007年に実写映画化された。

シェア
Check

神童のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全16 件

9点 チャドさん

たった4巻とは思えない濃い内容。
ワオとうたの心のつながりが泣ける。
平凡な大人と、天才の子供
それぞれの成功と挫折。
そしてあのラストシーン。
イヤミ無くさわやかに泣かせてくれる作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-23 10:01:48] [修正:2008-02-23 10:01:48] [このレビューのURL]

8点 マンガずきさん

かなり良い。
欠点をあげるなら、やはり絵だろう。薄っぺら。凄さが伝わらない。ストーリーや構成は良いのにとても勿体無い。
逆に言えば、この絵でこの面白さはすごい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-06 20:49:34] [修正:2007-07-06 20:49:34] [このレビューのURL]

9点 souldriverさん

今でこそ「のだめ」や「ピアノの森」が一世を風靡してるけど、これを読んだ当時としてはクラシックを扱ったマンガはとても斬新だった。

主人公うたが物語を通して人間としての成長を遂げていく様子にどんどん引き込まれる。
最初は世間の大人や気取ったガキどもをピアノの腕で黙らせていく痛快さに、やがてある重大な事件を契機にまさに「音」を「楽しむ」ことを覚えていく過程に、奥の深い面白さがある。
全ての物事を音楽を介して捉えている描写は新鮮で、雑味がなくある意味ですがすがしい。また必要以上に自己主張をしないサブキャラクターたちにもテーマの一貫性を感じることができ、好感が持てる。

「この音は神様にかえすよっ!」
「全ての響きを合わせて 今 一しずくの音からはじめよう」
等、さり気なく心に残るセリフも多く、全編を通して登場人物や作者がいかに音楽を愛しているかが伝わってくる。絵が微妙だからとスルーしてしまうのはあまりに勿体ない。
渾身の力がこもったラストシーンには痺れた。未読の方は是非。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-22 23:47:54] [修正:2007-06-22 23:47:54] [このレビューのURL]

6点 weaselさん

[ネタバレあり]

私の勝手な感想ですが「薄っぺらい」と感じました。
特にワオ君です。ワオくんも天才なんだろうけど遅咲きの天才であることは間違いないはずなのに
苦悩、嫉妬、挫折といったものがあるにはあるんだけど浅いという印象を受けました。
しかしながら最後の終わり方は良いと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-05-06 06:17:22] [修正:2007-05-06 06:17:22] [このレビューのURL]

6点 カルマさん

ぶっちゃけ絵は下手ですし、ストーリーに関しても特に目を見張るものはないと思います。
でもなかなか面白いと感じてしまったなぁ。
見せ方が上手いんでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-14 03:36:23] [修正:2007-04-14 03:36:23] [このレビューのURL]

PR


神童と同じ作者の漫画

さそうあきらの情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る