ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > オールド・ボーイ ルーズ戦記

7.25点(レビュー数:4人)

作者嶺岸信明

原作土屋ガロン

巻数8巻 (完結)

連載誌漫画アクション:1997年~ / 双葉社

更新時刻 2010-03-28 00:22:29

あらすじ 謎の軟禁施設7.5階に10年間幽閉された男が、見えざる敵を追う!! 『ボーダー』『ハード&ルーズ』の原作者・狩撫麻礼が新たなペンネーム・土屋ガロン名義で挑んだ超ディープな物語を、『天牌』の嶺岸信明が心血を注いで描ききった復讐劇!!

備考 2003年に韓国で映画化され、第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリ、第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリを受賞した。
2007年、原作の漫画がアイズナー賞最優秀日本作品部門を受賞した。
 

シェア
Check

オールド・ボーイ ルーズ戦記のレビュー

点数別:
1件~ 4件を表示/全4 件

6点 デビルチョコさん

ハードボイルド、サスペンスアクション漫画。
ストーリー構成が素晴らしかった。

伏線も見事に回収されていたし、心理描写も丁寧に描かれていた。
オチはインパクトがなかったように感じたが、
人間の心情は凄く複雑で、根深いものだという事が分かる。

素直に楽しめる良作でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-28 13:38:40] [修正:2015-03-27 22:31:30] [このレビューのURL]

6点 とろっちさん

映画がとても有名な作品の原作漫画。
自分も映画を機にこの作品の存在を知りました。

なぜ10年間も監禁されたのか。 なぜ殺さずに監禁という手段を選んだのか。
なぜ10年経ったらあっさりと解放したのか。 誰が、何のために。
サイコなのにハードボイルドなサスペンス・アクション。

そこらのサスペンスと一線を画しているのは、全体に漂う何とも言えない奇妙で不気味な感覚。
犯人の行動、目的、考え、そしてこの壮大な復讐ゲーム自体に、常に不可解さや不自然さ、
そして不毛さが意図的に付きまとってきます。
読者は物語解決のカタルシスを求めてどんどん読み進めていかざるを得ない、のですが、
出会った人々、辿り着いた解決への糸口、それら全てが敵の仕掛けたヒントや罠である可能性があり、
全貌が全くつかめません。 そしてそのまま敵の思惑通りに最終対決を迎える、というよく練られた構成。
緊張感が最後まで続きます。

それだけにラストのあっけなさには肩透かしを食らったような気分になってしまいました。
もっと上手く締めていれば。 傑作になり損ねた作品という印象。

そこまで昔の作品でもないはずですが、絵も展開も雰囲気も猛烈に古臭いのが難点。
作画担当の代表作「天牌」を読んだときにはそれほど感じなかったんですけどね。
最近の漫画の絵柄に慣れちゃった人だとキツいかも。
結局のところ、これは映画の方が面白かったなあ、というのが正直な感想です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-28 00:53:50] [修正:2011-03-28 00:53:50] [このレビューのURL]

8点 hayakawaさん

カイジを始めとした福本信行作品が好きな方はかなり楽しめる名作。いわゆる中2病を地で行くストーリー展開は見る者を選ぶかもしれないが、ツボにはまったものは病みつきになって抜け出せなくなる面白さがある。
 以下多少ネタばれを含みます↓

 とあるビルに10年軟禁された主人公が解放されてから物語が始まり、犯人を探していくサイコサスペンスであり、後半は犯人探しから犯人の特定に物語はシフトしていく。どこか影があり、近寄りがたい雰囲気を醸し出す主人公であるが、決して悪人ではなく、むしろ親しい間からは好感をもたれている。そのような人間がなぜ10年も軟禁されてしまったのか?必死で過去の交友関係や出来事を考察していくが全く心当たりがなく、とほうに暮れているところに物語のカギを握る人物が現れ…。

 物語は主に2部構成に分けられており(実際に1部、2部と分けられているわけではないがストーリー展開的には)、1部は上にも書いたが犯人探しのストーリーであり、2部は犯人を特定していくストーリーとなり、当作品は2部からが真骨頂である。ストーリーが進むにつれて主人公が自身の内面について振り返っていくのだが、自身の行動の深層心理に潜む偽善に触れていくにつれて徐々に冷静さを失っていく。

 当作品の魅力は独創的な設定もさることながら、キャラクターの魅力に見出すことができるであろう。影のあるクールな主人公は最高にセクシーであり、犯人も危険なにおいをさらけ出す策士的な存在である。この二人と中盤のカギとなる小学時代の恩師も独自の色を出して作品に重みを出させている。

 ただ、終盤からラストにかけての失速感は否めず、ラストの主人公と犯人の決着もあっけなく終わってしまい、その点が?1点。ラストも敢えて伏線を回収せずに終了したのか、あえて余韻を残すために回収しなかったのかが微妙なところであり、個人的には打ち切りのため無理やり終わらせたものと感じた。しかし、名作であることには変わりはなく、現代の漫画にはない渋さがあるためオススメである。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-21 21:22:57] [修正:2011-02-21 21:25:18] [このレビューのURL]

9点 tomo522hさん

設定が面白く展開が絶妙で、予想外に楽しめました。
一言で言うと、サイコサスペンス系でしょうか。
主人公に光明が見えてきたりすると、
実は敵の手のひらという展開が連続します。
機会があれば、是非一読をお勧めします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-28 00:29:42] [修正:2010-03-28 00:29:42] [このレビューのURL]


オールド・ボーイ ルーズ戦記と同じ作者の漫画

嶺岸信明の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る