ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > バジリスク-甲賀忍法帖

5.91点(レビュー数:45人)

作者せがわまさき

原作山田風太郎

巻数5巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2003年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-25 09:00:56

あらすじ 江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀と伊賀という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが憎み合う両家にあってそれぞれの跡取り、甲賀弦之介(げんのすけ)と伊賀の朧(おぼろ)は深く愛し合っていた。そして・・・

原作は山田風太郎の大人気『忍法帖』シリーズ

備考 時代小説「甲賀忍法帖」を漫画化した物。

シェア
Check

バジリスク-甲賀忍法帖のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全40 件

8点 真樹さん

漫画としては7点。作品としては9点。総合で8点。
それは私がこの作品に「アニメ」から入ったから。
他の方のレビューにある通り、ダイジェスト的な物足りなさ感は否めない。
この作品に興味を持った方は、まずアニメ若しくは原作から入る事をお薦めします。
私はホンマにこういう悲恋モノに弱いです…

朧、お胡夷、朱絹はアニメの方が、蛍火、陽炎は漫画の方がイイです(笑)

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-11-14 00:51:53] [修正:2007-11-14 00:51:53] [このレビューのURL]

分かりやすくて読みやすくて面白い。
敵対してきた両族の歴史、そういう因縁ってそんなに重いものなのか。固定観念ですぜ、そりゃ兄貴。

戦闘が始まると終始暗く、スピーディーに、そして静かに行われる戦闘はなかなか緊張感があった。5冊完結で丁度よかった。

どうでもいい補足。
rongaiさんのレビューが面白かった。
俺も忍者漫画は「なんじゃもんじゃ忍者くん(?)」みたいなフザけた漫画から入ったっけな。確かコロコロでやってた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-25 15:32:24] [修正:2007-08-25 15:32:24] [このレビューのURL]

5点 rongaiさん

甲賀と伊賀の攻防戦が見所ではないだろうか。
1巻読み終わったときに、
これが映画になると「朱雀王」になっちゃうんじゃね?
とか思ってしまったのだけど・・・。

忍者って聞くと私ん中では、
「タタタタタタタッ」と口に出しながら走ったり、
「忍法○○!」とか言いながら忍術使ったり、
「ニントモカントモ」とか言って困ったり、
ぐるぐるほっぺだったり、
「ズコー」って言ったりすんのが忍者だと思ってました。


どうやらこの作品の忍者はそれとは違うようです。(当たり前)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-12 11:59:57] [修正:2007-06-13 11:26:16] [このレビューのURL]

7点 ytさん

分かりやすいし読みやすい。
この人の書く女性、マジ色っぽいです笑
伊賀vs甲賀、それぞれのキャラや能力もインパクトがあり楽しめました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-05-05 23:53:54] [修正:2007-05-05 23:53:54] [このレビューのURL]

4点 yn13さん

絵は上手で話も面白いのですが、
もう少しゆっくり話しを進めて欲しかったです。
何回も読み返しましたが、伊賀/甲賀の区別、敵味方の区別が覚えられません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-03-30 21:50:37] [修正:2006-03-30 21:50:37] [このレビューのURL]

PR


バジリスク-甲賀忍法帖と同じ作者の漫画

せがわまさきの情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る