ホーム > 青年漫画 > ヤングチャンピオン > 雪の峠・剣の舞

7.58点(レビュー数:17人)

作者岩明均

巻数1巻 (完結)

連載誌ヤングチャンピオン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:48:52

あらすじ 岩明均の時代劇!!
『雪の峠』
関ヶ原の戦い後、出羽国に移封された佐竹家。新しい城を築くための場所をめぐり、近習頭・渋江内膳の提案に重臣たちが異を唱えた。その裏には、関ヶ原で東西どちらにつくかを判断した時からの確執があった・・・。
『剣の舞』
剣豪・疋田文五郎のもとを訪れた一人の少女。剣の修業を申し入れてきた彼女の目的は、自らの村や家族を蹂躙した侍たちへの、仇討ちであった。短期間ながら上達した少女は、ついに実戦の舞台に立つのだった・・・。

備考 『雪の峠』は1999年に「モーニング新マグナム増刊」にて、『剣の舞』は2000年に「ヤングチャンピオン」にて連載された。

シェア
Check

雪の峠・剣の舞のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全17 件

8点 red-eyesさん

かなりの良作。
短編『雪の峠』『剣の舞』2作品を収録。一応、歴史物。史実を大胆に改変している模様。

1.雪の峠

 ”戦”って何だろう、と考えさせられる作品。そういった意味では、現代にも通じる。

 時は、関が原の合戦後。佐竹家の都の決定につき、渋井内膳と梶原美濃守が攻防する、というお話。

 構成が秀逸。つい、一コマ一コマに意味があると思って読んでしまう。

 読後感としては、かなりのスッキリ。だが、このスッキリにだまされてはいけない、のではないか。『戦』って何だろうって考えさせられる作品。

2.剣の舞

 『無常』を楽しめる作品。

 時は戦国。農民の娘ハルナは、戦争に巻き込まれ、侍に連れ去られ犯され、家族を皆殺しにされる。その後、疋田文五郎に弟子入りし、侍に復讐する、というストーリー。

 ミクロな見方としては、ハルナの成長、ほろ苦い恋愛、復讐、という1人の人生を楽しめる

 マクロな見方としては、戦とは何か、時代の流れとは何か、そもそも人生ってなんなんだ、という点について考えてしまう作品。

 岩明作品らしく、構成はかなり入念に練られていて、一コマ一コマ良く練って描かれている。 良いキャラを作るというより、舞台の中に人を配置していくことによって構成していくという、この作者の手法を十分に楽しめる。

3.まとめ

 どちらも、かなりの良作です。短いからすぐ読めるし、買っても1巻なので、興味があれば読んでみてはいかがでしょう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-12-06 23:38:01] [修正:2009-12-06 23:38:01] [このレビューのURL]

8点 薫海宏幸さん

短編かつ歴史の実話でここまで話を練ることができるとはさすがとしか言いようがありません。現在はヒストリエを書いていますが、それと比べても全く見劣りしない作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-10-13 07:52:40] [修正:2009-10-13 07:52:40] [このレビューのURL]

8点 HERONさん

 雪の峠は、何回も読み返す程にジワジワと面白みが伝わってくるスルメ作品。流石、岩明先生。隙が無い出来です。

 剣の舞は、良くも悪くも普通だったなぁ……

 7点雪の峠。1点剣の舞くらいの振り分けです(汗)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-22 18:36:21] [修正:2009-07-22 18:36:21] [このレビューのURL]

7点 Sealさん

2編の短編漫画からなる本作は日本史好きにはたまらない漫画だろう。
両編とも実在した武将や剣豪が多く登場する。
どちらかというと自分は「雪の峠」の方を推したい。
これは実際の事件に基づいているのだろうが、人物設定や心理描写が細やかで非常にエンターテイメント性が高い。
秋田県民は機会があれば是非ご一読下さい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-11-10 18:23:52] [修正:2008-11-10 18:23:52] [このレビューのURL]

8点 Dr.Strangeloveさん

地味な題材だが、実に面白い。2編とも上手くまとめられており、
冴えた演出にも作者の力量を感じる。
確かな知識と豊富な経験に裏打ちされたベテランのきめ細やかな仕事といえば、岩明均の作品。
私にはそう思われる。

岩明均の「佳作」だなんてとんでもない。これこそ真に評価されるべき岩明均の「傑作」だ。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2008-04-20 15:05:15] [修正:2008-04-20 15:05:15] [このレビューのURL]

PR


雪の峠・剣の舞と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングチャンピオンの情報をもっと見る