ホーム > 青年漫画 > ヤングチャンピオン > 雪の峠・剣の舞

7.58点(レビュー数:17人)

作者岩明均

巻数1巻 (完結)

連載誌ヤングチャンピオン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:48:52

あらすじ 岩明均の時代劇!!
『雪の峠』
関ヶ原の戦い後、出羽国に移封された佐竹家。新しい城を築くための場所をめぐり、近習頭・渋江内膳の提案に重臣たちが異を唱えた。その裏には、関ヶ原で東西どちらにつくかを判断した時からの確執があった・・・。
『剣の舞』
剣豪・疋田文五郎のもとを訪れた一人の少女。剣の修業を申し入れてきた彼女の目的は、自らの村や家族を蹂躙した侍たちへの、仇討ちであった。短期間ながら上達した少女は、ついに実戦の舞台に立つのだった・・・。

備考 『雪の峠』は1999年に「モーニング新マグナム増刊」にて、『剣の舞』は2000年に「ヤングチャンピオン」にて連載された。

シェア
Check

雪の峠・剣の舞のレビュー

点数別:
16件~ 17件を表示/全17 件

話は2部仕立てで前半は久保田藩で実際起こったお家騒動
後半は戦国末期あたりの剣豪のフィクションもの。

作者は「寄生獣」で有名だが
静かだけどしっかり読ませるような作品も多く作っており
自分としてはそちらの作品群のほうが好きだったりする。
地味な題材だけにその魅力が存分に味わえる作品。
細かな事もよく調べてあるのが伝わってくる。
ただ寄生獣好きな人にはやっぱり物足りなく感じるだろうな…

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-01-18 23:35:58] [修正:2008-01-18 23:35:58] [このレビューのURL]

7点 あんりさん

 雪の峠は地味ながらも頭をつかった時代モノ
 剣の舞は単純ながらも心にしみる人情モノ

自分は本当に岩明に弱い
着眼点がすごくいい
確かに傑作かも

作者はファッションセンスはないんだけど
歴史的な着衣はすごく正確、忠実に画けていると思った

でもこの点数しかあげられないのは
やっぱり背景
剣の舞で重要な榛名山をもっとがんばって欲しかったな



ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-11-12 09:24:58] [修正:2007-11-12 09:24:58] [このレビューのURL]


1234
次の10件>>

雪の峠・剣の舞と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングチャンピオンの情報をもっと見る