ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 寄生獣

8.02点(レビュー数:288人)

作者岩明均

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1988年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:43:08

あらすじ ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。それは、人間に寄生して脳をのっとり、別の生き物となって日常生活に紛れ込む。肉体ののっとられた部分は「考える筋肉」とでも言うべき特性を帯びていた。高い知性を持ち、刃物や紐などの形に自由に変形し、寄生した個体と同族を捕食の対象とする。捕食の際には寄生体全体が口となる。そのエサは人間…間一髪で脳ののっとりを免れ、しかし右腕に寄生された主人公の高校生・泉新一。その「右腕」・ミギーとともに始める寄生生物=パラサイトとの戦いを描く。

備考 モーニングオープン増刊に不定期連載されていたが移籍した。

シェア
Check

寄生獣のレビュー

点数別:
41件~ 45件を表示/全258 件

10点 コペコペさん

食物連鎖の頂点に立つ人間。
世界人口は70億人を超えた。
動物を食べまくり、森林を切り開き、毒を撒き散らす。
そろそろ人間の間引きが必要ではないか?

そんな事を考えさせられる作品です。
1巻から10巻まで一気に読みましたが、最高でした。
その後2回、3回と読み直しましたが読めば読むほど心に響く作品です。
「死ぬまでに一度は読め!!」と薦めたい漫画です。

寄生獣がアニメと映画になる事が決定しました。
アニメはともかく、映画ですか・・・。
映画ね?・・・。
「失敗した・・・」「残念だ・・・」とならないよう祈ってます。
   ↑
ミギー風にww




ナイスレビュー: 3

[投稿:2013-12-25 04:38:50] [修正:2013-12-25 04:38:50] [このレビューのURL]

8点 seg691さん

稀に見る傑作だと思います。
とにかく内容が深い。どう深いかって言われるとよくわかりませんが、
確実に心に何かが残ります。

エロやグロも含まれてるので苦手な人は苦手だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-10-18 16:24:36] [修正:2013-10-18 16:24:36] [このレビューのURL]

9点 CHIEROさん

全巻既読

設定が独特でキャラクターも魅力的。
グロテスクな描写が多々あるが、淡泊な絵柄で相殺されたのか気持ち悪いとは思いませんでした。
初めて読んだのは子供の時なので思い出補正もあるかと思ったが、大人になって読み返してもやはり面白い。
興奮と感動というよりは考えさせられる事が多い漫画。
ただそれほど小難しいわけでもなく、エンターテインメントとして見ても十分面白いと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-09-22 04:51:36] [修正:2013-09-22 04:51:36] [このレビューのURL]

9点 titi1230さん

面白い漫画を5作品選べと言われれば間違いなく選ぶ作品。

作画はお世辞にも巧くない。特に人物、中でも女の子・・・。しかしその変に思い入れのない淡々とした描写が却って物語の面白味やテーマを浮き立たせている。文句なく傑作といえる。

書きながら思ったが、物語の構造としては「ドラえもん」に近い部分があるな。



ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-05 03:05:13] [修正:2013-08-05 03:05:13] [このレビューのURL]

9点 はいまんさん

寄生虫が人を殺すのも人が豚を殺すのとなんら変わらないそんなことを思ってしまった 思わされた 人間はひどいことをしている地球を汚しているそんなことを考えました あんなに気持ち悪い見た目のミギーに愛着がわくってすごいことだなーって思いました 僕もこの漫画を忘れられるわけがありません

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-06-16 14:18:58] [修正:2013-06-16 14:18:58] [このレビューのURL]

PR


寄生獣と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る