ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 寄生獣

7.99点(レビュー数:289人)

作者岩明均

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1988年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:43:08

あらすじ ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。それは、人間に寄生して脳をのっとり、別の生き物となって日常生活に紛れ込む。肉体ののっとられた部分は「考える筋肉」とでも言うべき特性を帯びていた。高い知性を持ち、刃物や紐などの形に自由に変形し、寄生した個体と同族を捕食の対象とする。捕食の際には寄生体全体が口となる。そのエサは人間…間一髪で脳ののっとりを免れ、しかし右腕に寄生された主人公の高校生・泉新一。その「右腕」・ミギーとともに始める寄生生物=パラサイトとの戦いを描く。

備考 モーニングオープン増刊に不定期連載されていたが移籍した。

シェア
Check

寄生獣のレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全259 件

9点 k0e3n2t0aさん

読んでてすごい、と思わせる漫画。
巻数としては少ないながら、密度は濃く、完成された作品。
個人的に今迄読んだ漫画のベスト5には入る。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-01-21 17:06:43] [修正:2016-01-21 17:06:43] [このレビューのURL]

7点 わたなべさん

構成が上手く、スラスラ読めてしまう。
絵はあっさりとしているがそれが寧ろこの作品にはマッチしている。
「切る」描写は非常に上手。

しかし欲を言えばもう少し勢いが欲しいところ。
あまりにも淡々と物語が進むため、のめりこみにくい。
同じようなテーマであれば多少の古さは感じるがデビルマンの方が読んでいて熱くなる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-16 21:55:36] [修正:2015-07-16 21:55:36] [このレビューのURL]

非の打ちどころのない名作です。

感想も他のレビュアーさんがほとんど書いてくれてます。

卓越した構成力で、環境問題や人間のエゴを投げかけてます。物事の考え方の刺激なります。
こういった重厚なテーマだけでなく、手に汗握る展開もあり、どんどん引き込まれます。

少年漫画ばかり読んでた自分に、新しいジャンルを開拓してくれた作品でもあります。



ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-10-28 12:36:43] [修正:2015-03-12 14:11:46] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

メッセージ性が強い作品。
人間という生物を客観的にとらえていた。

心理描写も素晴らしく、すぐにストーリーにのめり込んだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 19:14:24] [修正:2015-03-05 18:44:19] [このレビューのURL]

9点 shio40さん

言わずもがなの名作です。内容の素晴らしさは自分が語るまでもなく、その圧倒的な高評価の数が全てを物語っています。感想も他のレビュワーの方々に散々既出されてるので、自分が語ることはほぼないです。
ただ一言言わせて貰うのなら、「時代を問わず、これからも読み継がれていくであろう作品」です。断言します、この作品を読んで得をすることはあっても損をすることは有りません。この作品を読んで何も感じないということは一切有り得ない、そんな風に思わせられる漫画なんてほぼないと言っても過言ではないはず。この作品の持つメッセージは、何年経とうが風化することは決してないです。
そんな寄生獣ですが、やはり時代性を考えると少しとっつきにくい箇所があるのは難点ですかね。そんなものは所詮はお飾りですが。
この作品が連載されたのは20年以上も前ということですが、100年、1000年、何年経っても読み継がれる作品である、「寄生獣」はそういう作品でいつまでもいて欲しいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-24 01:25:37] [修正:2015-01-24 01:27:35] [このレビューのURL]

PR


寄生獣と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る