ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 寄生獣

8.02点(レビュー数:288人)

作者岩明均

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1988年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:43:08

あらすじ ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。それは、人間に寄生して脳をのっとり、別の生き物となって日常生活に紛れ込む。肉体ののっとられた部分は「考える筋肉」とでも言うべき特性を帯びていた。高い知性を持ち、刃物や紐などの形に自由に変形し、寄生した個体と同族を捕食の対象とする。捕食の際には寄生体全体が口となる。そのエサは人間…間一髪で脳ののっとりを免れ、しかし右腕に寄生された主人公の高校生・泉新一。その「右腕」・ミギーとともに始める寄生生物=パラサイトとの戦いを描く。

備考 モーニングオープン増刊に不定期連載されていたが移籍した。

シェア
Check

寄生獣のレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全258 件

9点 マルボロさん

面白い。その作品が現在書かれ出版されたなら、そこまで名作だと思わないかもしれないが、1990年にこの物語をかける作者は凄い。この作品がその後、他の作品に与えた影響。出版社が大手じゃないのも凄いです。女性キャラクターが全員 女っていうより、母親みたいなかんじで、とりあえず可愛くない。のが不満かな

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-02 06:24:45] [修正:2019-12-02 06:24:45] [このレビューのURL]

10点 naoto613さん

新一とミギーの会話や「勢い余って2周しちまったぜ」などセリフが面白い
戦闘シーンにも色んなパターンがあって面白い
色んな要素を10巻という少ない巻数に詰め込んでいるので密度が凄いです

一番好きな漫画 10点です

ナイスレビュー: 1

[投稿:2019-05-28 07:45:25] [修正:2019-05-28 07:45:25] [このレビューのURL]

7点 シンシンさん

少年漫画的?なオーバーなリアクションや現実的ではない展開や人物は少なくし、しかし全編に渡って各登場人物の思惑が交差するためダレないスピード感がある。少ない巻数で頭脳戦もあり人間ドラマもありの濃密な話である。
テーマ性重点の人向け。絵は上手いわけではないし表情も抑えめなのでアクション要素はそんなにない。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-12-27 09:30:18] [修正:2018-12-27 09:30:18] [このレビューのURL]

6点 yumenneさん

期待が高すぎたのかもしれないが、個人的には読後評価としては、普通に面白いという程度。
読み返したいともあまり思わない。ヒストリエとかはもうちょっと好きなんだけど。
時代ということもあるかもしれないけれど、語っている社会的話題はありきたりに思えたし、ストーリーにも格別引き込まれるということはなかった。
まあ自分はこういう青年漫画自体中途半端であまり好きに慣れないことが多いのだけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-13 16:36:45] [修正:2018-05-13 16:36:45] [このレビューのURL]

9点 k0e3n2t0aさん

読んでてすごい、と思わせる漫画。
巻数としては少ないながら、密度は濃く、完成された作品。
個人的に今迄読んだ漫画のベスト5には入る。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-01-21 17:06:43] [修正:2016-01-21 17:06:43] [このレビューのURL]

PR


寄生獣と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る