ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 白暮のクロニクル

6.75点(レビュー数:4人)

作者ゆうきまさみ

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2013年~ / 小学館

更新時刻 2015-09-11 19:35:22

あらすじ そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

備考

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 gundam22vさん

最近完結した作品ですが面白かったですね。吸血鬼(といっても伝承が盛っているという設定で危険性は大したことない)と人間の共存が軋轢を抱えつつなされている現代世界観ですが、違和感なくそれが受け入れられるような設定と空気感、内包する差別や対応する行政の実態などは現実感があります。加えて猟奇殺人を軸としたミステリー作品なのにどことないユルさやキャラ達のやりとりが個性的で流石ベテラン漫画家だと感心しました。

熱さや緊張感には乏しく地味と言われたら否定出来ない面はありますが、それも持ち味なのかなと。毎巻ごとに区切りはありつつも、ゆっくり核心へと迫って綺麗に畳んだ作品なので、完結した今こそ一気読みが薦められる作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-07-09 07:15:14] [修正:2017-07-09 07:16:53]

白暮のクロニクルと同じ作者の漫画

ゆうきまさみの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る