ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 kakizakiさん

[ネタバレあり]

背が小さく野球選手を諦めた主人公が競艇選手を目指し、羽ばたいていく作品である。

正直最初は、全くハマれなかったが、研修が始まるところらへんからぐっと引き込まれた。競艇のイメージは、ボート・おやじ・ギャンブルしかなく余り良いイメージではなかったが、やってる選手はあんなに熱く勝負をしているとはとかなり感動した。

競艇は、ボートの操縦技術のみの戦いだと思っていたが、整備やプロペラなどまるで技術者のような部分にも凌ぎを削っている部分とかは、他のスポーツ漫画とかにはなく興奮した。

特に、プロペラでは「洞口スペシャル」、操縦技術では「Vモンキー」にどこに弱点があるのか、どのように破られるのかはみているこちらもハラハラした。

終盤は恋愛が多く、作者が青島さんが好きだったこともありこじれる展開となったのではないかと思った。個人的には青島派だったから良かったが、他の人は見てられなかっただろう・・・

いい終わり方だった。また、この興奮が収まって冷静になってから読みたい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-05-22 13:15:44] [修正:2016-05-22 13:15:44]

モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る