ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > 無敵看板娘

5.88点(レビュー数:18人)

作者佐渡川準

巻数17巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:2003年~ / 秋田書店

更新時刻 2009-11-25 06:26:26

あらすじ 何の因果か家業の中華料理屋“鬼丸飯店”を手伝うことになった鬼丸美輝が、仕事を通じて花見町の様々な人々と交流することにより、いろんな意味で成長していくお話。と、思われるフシも見受けられるが、基本的には美輝がいろいろと大暴れするお話

備考 『無敵看板娘N(ナパーム)』に続く。
2006年にUHF局系にてテレビアニメ化された。

シェア
Check

無敵看板娘のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全18 件

正直おもしろいか、面白くないかと言われたら面白くないと思います。

この漫画が面白いと感じるのは小・中学生までぐらいだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-13 13:44:06] [修正:2014-05-13 13:44:06] [このレビューのURL]

6点 漫画図書館長さん

久しぶりに読んでも面白い作品です。因縁相手もかなりしつこさはさすがと言えるべき。残念ながら作者が自殺報道あってショックです。ご冥福祈ります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-14 10:09:53] [修正:2013-08-14 10:09:53] [このレビューのURL]

7点 yiconさん

ドタバタ漫画だけれど、相当計算尽くで描いてるんじゃないかなと思う。ほとんどのお話が1話で終わるし、それが結構長く続くのだけど飽きが来ない。
主人公の発言も相当理不尽でマッチョだったりするのだけれど(私はそういうの大嫌い)、それを気にさせなくする面白さがある。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-08-11 07:01:28] [修正:2011-08-11 07:01:28] [このレビューのURL]

7点 columbo87さん

佐渡先生の傑作ギャグ漫画。強烈なキャラ、ギャグテンポが素晴らしく、それでいてチャンピオンらしさ、のようなものが感じられる漫画でした。
毎回同じようなパターンの繰り返しでありながら、それを絶妙なタイミングで外しに来る所、新キャラも魅力的で、主人公との絡み、脇役との関係性が絶妙でした。
ごんどうさんだけはいらない子でしたが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-28 15:27:15] [修正:2011-04-28 15:27:15] [このレビューのURL]

7点 gundam22vさん

商店街が舞台の基本1話完結の格闘ギャグ漫画。
どの漫画でもそうですが、ギャグ漫画と言えば
すぐに新キャラ投入に頼るのですが、この漫画
はそれをギリギリまで抑えています。

そのため既存キャラの掘り下げがしっかり出来ているので、
キャラの個性に惹かれますし、後半になればなるほど
失速する他の作品と違い質の維持
どころか話が活きて来るように感じました。

絵が最初からそこそこで、どんどん画力が上がりますし、
バトルなど動きのある絵は特に巧く、作品の良さを感じます。

強いて言えばギャグ自体が暴力ネタ多いのと、もう一捻り
欲しいな、絵柄で誤魔化せていますが非現実色強いとは思うのはありましたが、読んでて楽しいかなりの良作だと思いました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-01-10 16:38:14] [修正:2011-01-10 16:38:14] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

無敵看板娘と同じ作者の漫画

佐渡川準の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る