ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > お〜い!竜馬

7.72点(レビュー数:29人)

作者小山ゆう

原作武田鉄矢

巻数23巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:1986年~ / 小学館

更新時刻 2011-08-27 01:09:25

あらすじ 幕末の英雄・坂本龍馬の生涯をフィクションを交え、コミカルかつシリアスに描いている。

備考 1992年にNHKにてテレビアニメ化された。
2000年ワイド版刊行全14巻。

シェア
Check

お〜い!竜馬のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全29 件

7点 kikiさん

フィクションもまじっているけど、そのエピソードや物語作りが
上手いので思わず本当の事だったかなと調べなおしてしまう程。
面白く読みやすく、それでいて歴史の勉強にもなる漫画かと。

原作者の武田鉄也が大の竜馬好きなので、竜馬が非常ーーに
魅力的にえがかれてて、良いところだけでなく、悪いところも
包めて好きになっちゃいますよね、つい。

竜馬だけでなく、あの情報が少なく混沌とした時代に先を見越して
自分だけでなく国の事を思える人々ってやっぱり凄いし、素敵です。
そんな彼らの魅力を上手に表現していると思います。
幕末ってホンマ面白い時代やなぁ。

数年ごとに読み返すのですが、何回読んでも途中から熱中して
読んでしまいます。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-10-19 21:08:00] [修正:2011-10-26 23:53:43] [このレビューのURL]

9点 gundam22vさん

伝説的偉人坂本龍馬の生涯を脚色と史実を織り交ぜて、ドラマ性高くしっかり生まれてから最期まで描き切った作品。竜馬の人間性が魅力的でしたね。司馬小説の龍馬像に近いですが、それを
漫画という分野で上手く表現できていました。

竜馬の目から見た幕末の流れが良く分かり勉強になります。
時流の変化におけるコロコロ動く人物、勢力関係などは見ててスリリングさがありました。

何より漫画自体が上手いので、淡々と歴史ものにありがちな史実語るだけにならず、インパクトをところどころ与える演出がされて
います。

印象的なのは、最終回の龍馬の最期です。作中で
愛されてる龍馬が、残虐な最期を突き放された演出で遂げることに、切なさや色々な余韻を残した強烈なものになったと思います。こういうのは歴史モノしかないだろうなと。架空話なら海援隊が世界に出て龍馬は幸せで終わっていたでしょうしね(この巻数で架空話でこれなら詐欺扱いでしょうから)。

気になる点としては、史実でない部分も当然それなりに盛り込んで、それが上手いので、これだけ読んで勘違いする人が出てしまうことですね。そして、龍馬が主人公なのでまあ当然ですが、龍馬を持ち上げまくるので、他の偉人達の凄さがこれだけ読んでるとなかなか分からないところでしょうか。まあその辺も作品に劇的さ与えるため、龍馬主人公の漫画としては酌量の余地は十分だとは思っていますが。

総じて龍馬を題材にしたものとしては、全分野でもトップクラス
なんじゃないかと思えるくらい面白く、史実性もそれなりに外していない素晴らしい20巻超えて纏まった歴史漫画だと思います。






ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-01-27 07:00:43] [修正:2011-01-27 07:00:43] [このレビューのURL]

9点 軍人さん

坂本龍馬の一生を描いた作品です。
司馬遼太郎の竜馬が行くを下敷きにしているためか龍馬の人物像が似ています。
つい先日大河ドラマがありましたが少年時代があまり描かれておらず
今一龍馬の魅力が伝わらなかった人に読んでほしいですね。
幕末の歴史の勉強にもなります。

岡田以蔵がかなり良い奴に描かれていて好きでした。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-01-23 16:10:17] [修正:2011-01-23 16:16:14] [このレビューのURL]

8点 臼井健士さん

竜馬漫画の最高峰。原作はあの竜馬命の武田鉄矢だ(笑)

多少フィクションも入ってはいるものの、幕末の歴史を詳細に知りたいという方も読んで損はない。
竜馬の幼馴染「人斬り以蔵」こと岡田以蔵がやたらといい奴に描かれているため、処刑シーンは胸がつまる。
でも、もし船酔いが無かったら以蔵も死なずに済んでた・・・・・って訳でもなかろうに。逆に竜馬や海舟といった素晴らしい人物が傍にいたにもかかわらず、たいして影響も受けることなく、どうして武市の道具として使われてしまったのかが謎。考えることが苦手で「剣の腕だけが」飛び抜けていたため、いいように使われてしまったということなのだろうか。
竜馬にはあった政治的な思想というものが以蔵には皆無だった。立場は異なったが武市も思想は持っていた。信念を貫いたものと貫けなかったものと。結果は同じ「死」であっても意味合いは大きく異なると現代に生きる我々にも伝わるものはある。

ところで「加代さん」って実在の人物?

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-06-18 21:50:03] [修正:2010-06-18 21:50:03] [このレビューのURL]

8点 さざんか90さん

これを越える竜馬漫画は作りようがないんではないでしょうか?誰よりも竜馬が好きだと思われる人が、メジャー週刊少年誌で連載を何本もこなした人に描いてもらった漫画です。フィクションも入っていますが、歴史の流れを変えるような創作は無いと思いますし、私は竜馬の一生をこの漫画の通りだったと思ってしまっています。
 どこが史実とは言い難いんですよという事をはっきりと示してあるんなら、図書館に置いておくべき漫画だと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-06-05 22:04:59] [修正:2010-06-05 22:04:59] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456

お〜い!竜馬と同じ作者の漫画

小山ゆうの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る