ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > プラネット・ウィズ

5.66点(レビュー数:3人)

作者水上悟志

巻数2巻 (連載中)

連載誌ヤングキングアワーズ:2018年~ / 少年画報社

更新時刻 2018-10-02 15:45:16

あらすじ

備考

シェア
Check

プラネット・ウィズのレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

6点 ITSUKIさん

アニメ未視聴。

一見 突如現れた使徒もどきに立ち向かう7人の変身ヒーロー!
主人公も戦うぜ!って話かと思えば、主人公が戦うのはその戦士達。
主人公は正義なのか悪なのか。記憶喪失になっている主人公と共に生活する銀子と謎の「先生」ってなにものなのか。
まだ一巻なのに、伏線の量の多さをひしひし感じます。
なので、これからまだまだ面白くなりそうです。
しかし、同時に詰め込み過ぎ、展開はやいという感想も頷けます。
私は、水上先生のテンポよい作風が好きですけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-12-05 13:13:25] [修正:2018-12-05 13:13:25] [このレビューのURL]

3点 gundam22vさん

アニメ版視聴済。惑星のさみだれを悪化させたような作品。ロボット系失格クラスのダサさな上にやりたいシーン優先で無駄にキャラが多く、詰め込み過ぎな尺不足もあって雑。地球人はおまけに過ぎず、宇宙人達が上から地球を転がして騒動起こしてるような不快感も。復讐をテーマにもしているがそこも宗教めいたこと並べてるだけで理解し難かったです。さみだれが合わないともっとキツい作品。漫画版でどこまで補完出来るのか不透明ですが、それでも面白くなるとは思えません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-02 20:33:25] [修正:2018-10-02 20:33:25] [このレビューのURL]

8点 そうすけさん

アニメ!
ついに!
水上悟志が!

アニメ版を最終話まで視聴。とにかくテンポのいい王道ロボット(?)アニメ。
アニメは普段全く見ないのでよくわからないが、作画、声優、音楽なども十分に素晴らしいものだったと思う。

不満はテンポが良すぎること。ストーリーが理解できないということはないし、キャラクターも短い出番でうまく特徴づけているが、必要のないシーンがなさすぎて困る。
さみだれでいうとこの夕日のアパートでだらだら酒呑んでたりするような場面が欲しかったかも。テレビアニメの尺の都合というのはわかるので、この不満は贅沢。

今後の連載はもはやネタバレ済状態だが、
台詞、演出など媒体による違いも多くあるのでまだまだ楽しみ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-02 16:05:44] [修正:2018-10-02 16:05:44] [このレビューのURL]


プラネット・ウィズと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る