ホーム > 不明 > 月刊flowers > 風光る

6点(レビュー数:6人)

作者渡辺多恵子

巻数34巻 (連載中)

連載誌月刊flowers:1997年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:40:12

あらすじ 時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、壬生浪士組の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけ。頼りにしていた沖田総司も自分が考えていた人物とはちがっていて幻滅してしまう。沖田総司だけではなく壬生浪士組自体、あてにならないと思い、夜にこっそり抜けだそうとした清三郎はそこで…!?

シェア
Check

風光るのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

7点 kuroneko3298さん

「私はおなごじゃありません!武士です!」
女と知りながらも彼女の強い信念に屈し協力してしまう沖田総司。
本当の彼がこんなに麗しく、かわいらしいのかは疑問ですが(笑)
彼の魅力が全編に満載♪
他近藤・土方・斉藤一っと渡辺さん独特の切り口によって描かれる彼らは
誰もが皆 なんとも愛おしくてまいちゃいます♪

竜馬よりの私にとって新撰組はけして好きとはいえない集団だけど--
この作品では、そんな彼らの楽しそうな青春がきらめいていて
ワクワクさせられちゃうんですよねぇ---。

現在32巻では佐幕に傾く新撰組からの伊東の離脱模様が展開していますが
当初より土方LOVEの愉快なキャラゆえにその心痛は、
いかばかりだったのか・と素直にぐっとさせられます。
「皆を裏切るか・・心を裏切るか--」これより前 同じように思想の違いに苦しんだ山南の物語は壮絶でしたが・・
渡辺さんがどう伊東の末路を描くのか--注目してる私です。

幕末に生きた若者達の生き様は本当にせつない。
これからみんなを待ち受ける激動の運命が
わかってるだけに辛さもありますが---
一体どんなラストになるのか期待しちゃってます---♪

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-11-15 01:34:39] [修正:2012-11-15 01:38:35] [このレビューのURL]

3点 臼井健士さん

同タイトルの野球漫画ではなく「新撰組漫画」のほうですね。

男装した少女が新撰組の一員となって沖田総司と恋仲に・・・・なんていかにも女の子が妄想しそうな展開で、ちょうど大河ドラマも「新撰組」をやっていた関係で相乗効果で一時は話題にもなっていた。
ただ、「壬生の狼」が迫力のないコミカルな集団に成り下がっている感は否めないな。

それに史実で「新撰組」はいずれ時代の動乱の中に徳川幕府と共に滅びていくものだと判っているだけに、どんなに和やかな展開になろうと、沖田との恋が進もうと「嵐の前の静けさ」に過ぎないのだ。
ラストが悲劇的なものと判っているだけに作中で「知らないことになっている」新撰組の面々が憐れでならない。新撰組も維新直前の数年は裏切りと「厳しい掟」による内部粛清の繰り返しだったという。元々、武士ではなく農民崩れの集団が「より武士らしくあろう」とした結果の悲劇だったのだろう。
その悲劇をコメディタッチの作者が描けるとは思えないのだが・・・・。
沖田もいずれは病死・・・・。新撰組も瓦解する。それを知らぬセイは「自分の存在の基盤」を失っても生き抜くことの出来る強さを持っているだろうか?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 20:00:56] [修正:2010-09-12 20:00:56] [このレビューのURL]

8点 ピルクルさん

[ネタバレあり]

時代背景とか史実とかよく調べられてると思います。
その上でキャラの設定が細かくて奥深いんです。
でも作者さんの脚色のアクの強さから
読む人によっては好き嫌いが分かれるのはすごくよくわかる。

長期構成のせいか山南さんのエピソードあたりまで史実もサクサク進んでたのに
それ以降の伊東一派のからんだ話や健康診断の話などコミカルで面白いと思ってたのですがあんまり史実が進まないし
龍馬が出てきた巻くらいから24巻までの展開がイタすぎて人に貸すのがちょっと嫌になりました。
そして最新刊(25巻)では第一期の頃の雰囲気にやっと戻ってきたような気がしてほっとしました。
私は大河ドラマの新選組!と対比して読んじゃうので余計面白かったです。(あのドラマも大好きなので)
まだまだ続くのかなと思いきや、もう終盤に入ってるのでいつまで続くかわからないみたいな事が書かれてたので
まさかあれだけキャラ出しておいて龍馬暗殺や油小路まで描かないとかないよね。
年齢を重ねても読めそうな漫画なので長くなっても良いと思いますよ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-29 10:03:30] [修正:2008-10-29 10:03:30] [このレビューのURL]

6点 電光石火さん

露骨ではないものの、何故かBL臭さを感じる漫画。そういうのが好きじゃない男性には向いていないかも。とりあえず女性向けの作品であることは間違いない。俺自身も女性から薦められて読んだ。
 しかしそういった好みの問題を抜きにすれば、話の構成やキャラへの愛着などですぐに引き込まれていってしまう。一応歴史に沿った枠組みがあるので、新撰組に興味があればさらに楽しめるはず。
 連載中のため、さらにあっと驚かせるラストをもってくれば点数をあげてもいいと思える作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-02 01:27:08] [修正:2008-10-02 01:27:08] [このレビューのURL]

8点 ひとぺさん

かなり理想というか、妄想的に作り上げられた隊士たちだけど、どのキャラもすごく愛着がわいてくる。やはり少女マンガ、女性向けだけど、歴史は風俗まですごく丁寧に調べられていて、詳しくて、正確。史実とフィクションがうまく共存してて、エピソードが毎回面白くて惹きこまれる作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-03-11 00:02:07] [修正:2008-03-30 18:00:34] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

風光ると同じ作者の漫画

渡辺多恵子の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊flowersの情報をもっと見る