ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全43 件

8点 punpeeさん

このサイトの採点基準でいうと10点にふさわしい作品だと思います。
ただ、私は偉そうに、独自の採点基準で他の作品もレビューしちゃってるので、この点数です。

作中の胸に刺さる様なセリフや、作者のあとがきで感銘を受けた一文を引用しようと思ったら、もう既に他のレビュワーの方々が引用してたので、これ以上は野暮ですね。

一個だけ、この作品に付加価値を与えるスパイスを投下しておきます。

作者の座右の銘
「私は常に真の栄誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-06 17:57:03] [修正:2016-02-06 17:57:03] [このレビューのURL]

7点 gundam22vさん

優しい絵柄、少ないページ数ながらも原爆の重さを主に後遺症という格好で描いた独特の漫画です。真正面から原爆の悲惨さ、反戦を訴える作品ではないのですが、三世代に渡り(この人間関係の描き方は何気に上手い。短編を読むことでパズルのように繋がってくる)延々と続く苦しみを婉曲に描写することによって、より深く力強く上記の訴えを読者の心の底に感じさせる構図になっていると思います。あくまで婉曲なので普段はそれなりにほのぼのとしているところが読みやすさもあり、哀愁を誘います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-01 19:45:19] [修正:2015-09-01 19:45:19] [このレビューのURL]

原爆や反戦と重いテーマを優しいタッチで描いてます。
柔らかい表現ですが、残された人の苦しみとかも真正面から描いてます。

テーマもありますが、変に説教臭くなかったのが良かったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-14 20:30:34] [修正:2014-11-14 20:30:34] [このレビューのURL]

6点 paranaさん

泣ける作品と聞いていたのですが、いざ読んでみると単に泣ける作品と考えるべきではない、原爆投下後の広島住民の精神的な後遺症がテーマのメッセージ性の強い作品でした。
(よって本作品の泣ける度は採点しません)

作品全体に原爆の後遺症でいつ死ぬかわからないという暗い影が差しているものの、やわらかい雰囲気がそれを緩和していて、重くなく読める雰囲気マンガです。

この作品のテーマは、読後に心に残るものがあり、さらに、ひょっとしたら福島住民も程度は違えど同じような精神的な後遺症があるんだろうかなどと考えさせられるものがありました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-06 22:01:49] [修正:2014-05-06 22:01:49] [このレビューのURL]

4点 nezuminokifujinさん

論理的に原爆を悪だと主張するのではなく、作者なりの感性でヒロシマを描いてみたという感じ。
情緒的に美しいかと言えば、そこまで琴線に触れるわけでもなく
婉曲に原爆を批判している事になるのだろうが、その力も弱く感じ物足りなさが残った

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-08-02 23:58:27] [修正:2012-08-02 23:58:27] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る