ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > スーパードクターK

7.63点(レビュー数:11人)

作者真船一雄

原作中原とほる

巻数44巻 (完結)

連載誌週刊少年マガジン:1988年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:27:38

あらすじ 野獣の肉体に天才の頭脳、そして神技のメスを持つ男、KAZUYAが、ブラックジャック並の超技術で手術を披露したり、ケンシロウ並のパワーで悪人と戦ったりする医療漫画。

備考 原案協力:中原とほる

シェア
Check

スーパードクターKのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全11 件

8点 霧兵衛さん

よかった点
・登場キャラが全て濃くていい
・むちゃくちゃだけど医師免許は持っている

総評
・他の人も書いているがブラックジャック + 北斗の拳北斗の拳を混ぜた感じといえばいいのかな。初期のハードのストーリーも好きだけど、高校編も嫌いじゃない

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-06-04 13:30:09] [修正:2019-06-04 13:30:09] [このレビューのURL]

9点 臼井健士さん

医者漫画の中では怪作と言って良いのでは?
初期は正に「北斗の拳のケンシロウがブラックジャックをやる漫画」で話の作りもブラックジャックの模倣的なものが多かったが、中盤以降は話も作画も安定して巨悪も背景に絡んで完全に他の医者漫画と差別化することに成功した。ハッピーエンドの話ばかりではないのも良いと思う。脇を固めるキャラもいい味を出している。
「医者=ひ弱なイメージ」を完全に覆した、心身共に屈強な男が主人公の医学漫画。
「ハードボイルド医学伝説」(笑)は嘘ではなかったことに驚いて欲しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-30 16:50:13] [修正:2011-10-30 16:50:13] [このレビューのURL]

8点 s-fateさん

 医者を絡ませるとリアル方向に行ってしまいがちですが、主人公が「こんなヤツいねぇ」というビジュアルとアクションで初手からフィクションであることをわかりやすく提示し、基本勧善懲悪。長期連載物といっても、つまみ食い読みでも楽しめる。週刊少年誌掲載に適したマンガだと思います。 あまり語ることは無いけど娯楽としてのマンガというスタンスで忘れた頃に何度も読める良いマンガだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-30 01:41:05] [修正:2011-10-30 01:41:05] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

よく使われる表現である「『ブラックジャック』+『北斗の拳』」。
そのままです。

あらゆる場面に顔出し、外科手術もすればメンタルサポートも万全。

ライバル達も仲間もみんな個性的ですし、物語もショートなので、読みやすい上に伝えたいことがブレないので、ある意味『ドラえもん』的な要素もあるのかもしれません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-10 18:32:23] [修正:2011-03-10 18:32:33] [このレビューのURL]

8点 gotouさん

パワーのある医療漫画です。
医療漫画には色々難癖をつけられるもんだけど
この漫画はそれを跳ね除けるだけのパワーがある。
まあ、手術場面とかちゃんときちんと描いているし。
読んだら読んだではまります。

でもあんなマント着た医者あやしすぎないか???

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-05-23 16:03:21] [修正:2010-11-11 00:26:58] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

スーパードクターKと同じ作者の漫画

真船一雄の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る