ホーム > 青年漫画 > コミックビーム > イムリ

8.1点(レビュー数:20人)

作者三宅乱丈

巻数26巻 (完結)

連載誌コミックビーム:2006年~ / エンターブレイン

更新時刻 2012-07-16 19:44:44

あらすじ 遙かなる太古−。長く激しい戦争によって、その星は凍結した。星の名はルーン。凍らせたのは「カーマ」の民。戦後、カーマの民は、ルーンの隣星であるマージへと移り住み、「賢者」と呼ばれる最高権力者を頂点とし、奴隷民「イコル」を最下層とする階級社会を形成、四千年もの歴史を積み重ねていた。四千年。それは、過去の戦争の記憶と意味を風化させるのに、充分すぎる歳月だった。ようやくルーンの氷が溶け始めた今、カーマの民は、故郷であるルーンへの帰還を始める。かつてのカーマの敵であり、そしてその事実を忘却した「イムリ」の民の棲む、すべての母なる星ルーンへと−。

備考 2009年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞

シェア
Check

イムリのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全20 件

8点 punpeeさん

私はこの作品に手を出すかどうか迷っていた中、
TAKO3さんの「作者はこの作品に命かけてるな、そう思わせるほど手がこんでいて練られた話だと思います」という一文で全巻購入を決めました。
結果、出会えて良かったと思っています。

この様な場所で失礼ですが、TAKO3さん、その他レビュワーの方、ありがとうございました。笑


ただ、この作品はあまり万人にお薦めはしにくいです。
設定、ストーリーにおける完成度は素晴らしいですが、正直、読み手が整理整頓しながら、慣れていくまでのハードルが高い様に思えます。
もちろん慣れていけば苦にならないですが。。。
この作品をおそらく作者の意向を汲んで連載し続けたBEAM誌の懐の広さにも敬意を払いたくなる位です。

漫画はあくまでも娯楽の一つであり、読み辛さや分かり辛さと付き合ってまで楽しみたくないという方は、特に手を出す必要は無いと思います。
悪戯にこの作品の評価が下がっていく怖さもありますので。笑


ドラマ「白い巨塔」や、映画「スターウォーズ」の政治的部分が好きな私は、この格差世界のドロドロ感がたまらなく好きです。
更に言うと、権力者側の人間が、自分たちの世界の不条理や非倫理性に気付き、葛藤する心理描写には本当に痺れ、胸が熱くなります。笑

若干の中だるみ感も感じるので、今後の状況に応じ、追加・修正は行うと思いますが、良作だと思います。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2016-02-20 22:17:11] [修正:2016-02-20 22:17:11] [このレビューのURL]

7点 Scroogeさん

[ネタバレあり]

2006年時点では珍しい骨太のSF物語。
星の支配をめぐって争う人々の醜さを描く漫画。

設定は複雑だが物語の骨格はSFの王道的なものでわかりやすい。
カーマの賢者は抗体を持つイムリだから命令彩輪に対して無敵。
などの専門用語は読み飛ばしていい。賢者→無敵だけで十分。

記録もほとんどない大昔に大きな争いがあった。
争いを忘れた人はまた争いをはじめた。
人は同じ過ちを繰り返すのか、それとも次へ進めるのか。
といった事がおそらくは本作のテーマ。
結末はどのような形もありそうで続きが気になる。

良い作品だが欠点も多い。まず、やはり絵の癖が強い。
誰がどこで何をしているのかがパッと見でつかめず、
作者の意図を共有した上で絵を見ないと意味不明。
読み進めている間は気にならないが、一度とまると読み直す気にならない。

それと展開の繰り返しが多い。
逃げる。新たな仲間。先祖の言い伝え。裏切り。殺される。
ぶっちゃけこればっかり。

ショッキングな場面が続くが、単行本6巻で戦いが本格化してから
18巻までその繰り返し。
おそらくは読者にもうこんな酷い事は沢山だと思わせたうえで
一気に物語を収束させるつもりだろうが、さて上手くいくのか。

結末の良し悪しが作品全体の評価を決めるだろう。
良い結末なら数々の欠点は帳消し。悪い結末ならただの欠点。
ぜひ良い結末へ導いてほしい。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-05-18 15:09:09] [修正:2016-05-18 15:09:09] [このレビューのURL]

壮大で緻密に作り込まれた世界観も圧倒されますが、
それをずっと整合性を保って維持するのが素晴らしいです。

アイデアが多彩で、用語が多いので覚えるのが大変ですが、
巻末の用語解説が本当に助かります。

民族との交流とかは映画の「ダンスウィズウルブズ」に似てます。
差別などの社会問題も上手く取り上げています。

硬派なファンタジーの他にも政治的駆け引きも面白いです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-01-03 19:24:55] [修正:2015-03-01 19:18:09] [このレビューのURL]

9点 TAKO3さん

作者はこの作品に命かけてるな、そう思わせるほど手がこんでいて練られた話だと思います。

僕が漫画を読む時に特に重要視するのが、込み上げる熱さ、魅力的な登場人物、話の面白さや独創性の3つですが、

この作品は話のクオリティだけで9点をつけてしまう、そういう作品です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-06-20 08:40:31] [修正:2012-06-20 09:49:43] [このレビューのURL]

8点 とろっちさん

あまりにも壮大なスケールのSFファンタジー。

まるで底が見えないほどに重厚な世界観、複雑ながらもしっかりと練り込まれた設定、
少しずつ謎が解き明かされていくと同時にまた新たな謎が浮かび上がる展開。
歴史や慣習はもちろんのこと、社会の支配体制、生態系や食文化に至るまで綿密に作り込まれており、
「作品世界を構築する」という言葉がこれほど当てはまる作品もなかなか無いのでは。

しかしながらこの作品、困った事に、最初に1巻を読んだ時点では何が何だか全くわからないはず。
最初から全体の構成を理解できるような作りには敢えてなっておらず、しかも用語が複雑怪奇で、
さらには作者の独特の絵柄自体が一見さんお断りな感じなので、もうかなり敷居が高くなっています。
用語も、「カーマ」、「イコル」、「イムリ」、「マージ」、「ルーン」、「デュルク」、「デュガロ」……。
全巻に詳細な用語解説や登場人物説明が載っているので、最初のうちは照らし合わせながら
読んでいくことになるでしょう。
おまけにこの作者の作品はその絵柄のために登場人物の顔が似ていてただでさえ区別しづらいのに、
各々の個性が見えにくく(見えないのではなくあくまでも見えにくい)、非常にキャラを覚えにくいです。
1巻すら読み切れずに断念してしまっても全然おかしくありません。

ただ、そこをがんばって乗り越えると、途中からふっと世界観が頭に入ってくるようになってきます。
そうなると不思議なもので、読むたびにどんどん理解できるようになります。
恐らく意図的にそういう構成になっていると思いますが、この辺りが作者の作り手としての凄さ。
もともと作品の全体的なテンポは良いので、慣れれば今度はサクサク読み進めていけます。

支配民族カーマ、奴隷民族イコル、かつてカーマと戦争を繰り広げたルーン星の原住民族イムリ。
同じ「共鳴」という能力を持っていても、全く異なる方向へ進化したカーマとイムリ。
カーマはその力を他者との共鳴、すなわち他者の精神に働きかけ人の心を操る侵犯術として特化させ、
逆にイムリはその力を物質との共鳴、すなわち「星と仲良くする」ために使ってきた。
イムリは物質の力を引き出すことで恐るべき威力を発揮する「イムリの道具」を持ち、
そんなイムリの力を恐れたカーマはイムリを力で押さえつけて支配しようとする。

大まかに言うとこんな物語ですが、「一つの民族が他の民族を征服して支配する」という作品の構造は
主人公の立ち位置とともに最初のうちはカーマ視点で、そのうちにイムリ視点で描かれるようになり、
単純な善悪二元論ではとても量り切れない深さを秘めています。
SFファンタジーなのに確かに泥臭い空気の作品ですが、失われたイムリの術を解き明かしながら
地に落ちたイムリの民が反乱すべく無骨に立ち上がるというストーリーにピッタリな感じ。
とにかく質の高さにかけては申し分のない作品です。 あとはもう好みの問題でしょうね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-11-16 00:48:20] [修正:2011-11-16 00:53:36] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

イムリと同じ作者の漫画

三宅乱丈の情報をもっと見る

同年代の漫画

コミックビームの情報をもっと見る