ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > ジョジョの奇妙な冒険

8.37点(レビュー数:229人)

作者荒木飛呂彦

巻数80巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1987年~ / 集英社

更新時刻 2012-05-15 20:18:17

あらすじ 第1部『ファントム ブラッド』(1-5巻)――19世紀のイギリスを舞台に、ジョースター家一人息子ジョナサンと、石仮面の力で超生物になった養子ディオの因縁を描いた物語。第2部『戦闘潮流』(6-12巻)――第二次世界大戦下のヨーロッパ、ジョナサンの孫・ジョセフと、石仮面を創造した「究極生物」達との対決が描かれる。第3部『スターダスト・クルセイダース』(12-28巻)――100年の眠りから目覚めたDIOを倒すため、ジョセフの孫、承太郎一行は日本からエジプトを目指すが、そこには既にDIOの手下が差し向けられていた。第4部『ダイヤモンドは砕けない 』(29-47巻)――承太郎はある目的のためジョセフの隠し子、仗助に会いに杜王町に行く。しかし、杜王町では「弓と矢」の影響により多くのスタンド使いが生まれていた。第5部『黄金の風』(47-63巻)――DIOの息子、ジョルノはギャングスターになるという夢を叶えるべく、ギャング組織パッショーネへの加入を決意する。ギャング組織内の抗争を描いた物語。第6部『ストーン・オーシャン 』(64-80巻)――無実の罪で投獄された承太郎の娘、徐倫を脱獄させる為にやって来た承太郎。しかし、真の犯人の策謀により、スタンドと記憶が奪われてしまう。父の奪われた心を奪い返す為に立ち上がる娘の物語。

備考 後に連載した「スティール・ボール・ラン」は、「ジョジョの奇妙な冒険 第七部『スティール・ボール・ラン』」として扱われる。現在は「ウルトラジャンプ」誌上にて第八部に当たる「ジョジョリオン」を連載中。文庫版全50巻。

シェア
Check

ジョジョの奇妙な冒険のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全229 件

7点 みゅーみゅーさん


ジョジョは何度も読んでいて
思い入れが強い作品なので珍しく長く書きます(´・ω・`)

ジョジョは一度読み始めると
とまらなくなっちゃう中毒性あります。

ですが合わない人には合わない作品かと(絵とか)

1部から入ると絵が古いこともあり
ちょっとしんどいと思います。
私は3部を最初に読んではまったので
1部から順に読んで行きました。

一番好きなのはめちゃくちゃ迷いますが4部です。

個人的な感想ですが6部で若干だれます。
でも7部でまたおもろくなります!

そして8部で意味不明になります(笑)

友達にどれがジョジョなん?と聞かれると
「あー。。それもジョジョやしそっちもジョジョやし
まさかのそいつもジョジョなんよね」とわけがわからない
説明になりますがそこがまた好きです(^^)/

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-21 16:05:57] [修正:2014-10-21 16:05:57] [このレビューのURL]

10点 ryokenさん

[ネタバレあり]

1〜5部と8部まで読んで、6部は途中で、7部はまだです。

僕の好きな部の順番は1→4→5→2→3の順番です。
それでは部別に解説していきます。
○1部ファントムブラッド
僕はこの部が一番すきなんですが、理由は、ストーリーが他の部と比べでしっかりしててなお
かつ短いので、とてもあっさりしてるからと、テーマの人間賛歌に一番適していると、思うか
らです。ジョナサンが困難を自らの知恵と力でのりきる所が一番の見所です。後、ディオは3部
より1部の方が奇妙かつ魅力的です。
○2部戦闘潮流
この部もとてもすきなんです。先ほどと同じくストーリー性と人間賛歌に優れています。あと
1部よりもキャラクターが特徴的です。ジョセフの読めない性格や戦闘方法はスタンドと比べ
ても劣りません。シーザーの死ぬシーンはジョセフと全く同じ顔、同じセリフで泣きました。
ジョセフとシュトロハイム、ワムウとの関係もみていてとても心地いいです。
○3部スターダストクルセイダーズ
ジョジョと言えばこの部!ってイメージですね。ですが僕はジョジョの中ではあまり好きじゃ
ありません。一番王道な感じで奇妙さに欠けるのと、一つ一つの戦闘が短編作品みたいなとこ
ろと、承太郎の無敵すぎて人間賛歌というか、うん、無敵、、、と言っても好きなところも多
くあります。エジプトのDIOを倒しに行く物語なんですが、DIOの刺客が、承太郎達の命を狙
いに来るから戦闘場所が、アジアの国の街や砂漠など様々で、なんか、世界旅行してる気分に
なります。肉弾戦じゃなくスタンド同士の戦いというのもとてもユニークで面白いです。あと
承太郎が無敵なので、苦戦しても顔色一つ変えずに敵をボコして勝ちます。よって、なんかス
カッとします。後、感動できるシーンも多々あります。僕はアヴドゥルの死ですかね、やっぱ
最初に死んでしまうので、、アヴドゥルが死んだかのように思わせるとこのポルナレフにも感
動です。DIO戦がやはり見ものです。時を止めるとか無敵すぎる、、、ただ、9秒でなんぼほど
喋るねんww
○4部ダイヤモンドは砕けない
この部も主人公は元から強いので、あまり成長しないのですが、その代わり仲間の一人がめち
ゃめちゃ成長します。そしてこの部の好きな点は、1〜3部みたいにガチ戦闘って感じでなく、
ちょっと危険でヤンチャな人物を懲らしめるって感じで結構ほのぼのしてる所です。ですか
ら、THE悪人!!みたいなキャラクターは居なくて、結構仲良くなることが多いです。でも、
それだけじゃないんです!日常はほのぼのしてるのに戦闘になると、自分達のスタンドを最大
限に活かして戦い、自分達の信念を持って戦うのでとても熱い戦いになります。キャラクター
もこの部が一番特徴的だと思います。吉影とか露伴とか、もう変態です。ほんと、、、全体に
特徴的な部です。
○5部黄金の風
この部は人間賛歌にとても適しています。キャラクターそれぞれが自分達の意思で考え強くな
っていきます。スタンド能力がとても魅力的です。舞台がイタリアなので、イタリアな気分に
なります。ギャングチームのボスが悪さをしていると発覚して正義感溢れる手した達がボスを
裏切りボスを倒すという物語なので、あらゆる所で主人公達一行は覚悟を決めます。その時そ
の時の覚悟がひしひしと伝わってきて自分もハラハラします。刺客戦もとても面白くできてい
ますが、ボス戦は別格です!ただ、ボスの能力はちょっとわかりづらいです。


この作品の欠点は絵が好み分かれるということと巻数多いことですね。でも、絵はとても美しく芸術みたいだと思うけどな、、、

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-04 04:24:29] [修正:2014-10-04 04:24:29] [このレビューのURL]

6点 pkpqp281さん

6部まで読みました。
波紋?スタンド、いつ見ても斬新!
7歳の息子が3部にはまっています。やはり惹きこまれますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-19 15:15:28] [修正:2014-05-19 15:15:28] [このレビューのURL]

6点 100円さん

明らかに不自然な戦闘などもあるけど、どの部でも最終決戦などは面白い展開になっている。
頭を使った戦闘とかもこの漫画の良さだから読みにくいのが無理という人には向かないかもしれない。
絵もお世辞にもうまいといえるものではないけど、独特な絵がジョジョの世界観とマッチしていていいと思う。

詳細
一部・・・2点
二部・・・6点
三部・・・7点
四部・・・8点
五部・・・6点

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-10 22:36:51] [修正:2014-03-10 22:36:51] [このレビューのURL]

8点 CHIEROさん

[ネタバレあり]

クセが強く読む人によって好みが別れる漫画で、ダメな人は本当にダメだと思います。

正直ストーリーといえるものはありません。ひたすら能力バトルをしていますが、そのバトルが面白いです。
この漫画に影響されのちに少年漫画で能力バトル漫画が爆発的に増えました。
能力の可視化という今では当たり前の事も、この漫画の影響無しには語れないと思います。
賛否はあるけれど(たとえ当時だとしても)革新的な事は評価されるべきだと思います。

個人的にはコマ割りが素晴らしいと思います。映画を見ているような臨場感を味わいました。
このコマ割りに慣れてしまうと他の漫画のコマ割りが物足りなく感じてきます。

系統としてはキン肉マンや男塾のようなノリと勢いで進む漫画です。
色々細かい矛盾はありますが気になりません。
理屈っぽくて矛盾が許せない人は読まないほうがいいと思います。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2014-02-25 22:42:33] [修正:2014-02-26 20:39:19] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ジョジョの奇妙な冒険と同じ作者の漫画

荒木飛呂彦の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る