ホーム > 不明 > 短編集 > 死刑執行中脱獄進行中

7.48点(レビュー数:25人)

作者荒木飛呂彦

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:1999年~ / 集英社

更新時刻 2011-01-12 13:04:14

あらすじ 荒木飛呂彦の奇妙な短編集。収録作品は以下の5本。

死刑執行中脱獄進行中
ドルチ 〜ダイ・ハード・ザ・キャット〜
岸部露伴は動かない
デッドマンズQ 前編/後編

備考 短編集のため連載開始年には発行年を記載。

シェア
Check

死刑執行中脱獄進行中のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全25 件

内容が充実した短編集です。

荒木節が炸裂です。表現力の底知れなさは感嘆します。

表題が一番好きでした。内容はまんまですが。
「吉良吉影」が主人公として登場していたりもして、ファンにはたまらないと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 14:09:18] [修正:2020-04-04 15:36:06] [このレビューのURL]

7点 punpeeさん

[ネタバレあり]

個人的に生き生きしている頃の荒木先生の作品です。

ただ、作者自身も語っている様に、基本的にはアイデアは長編(連載)用に取っておくので、
そこから外れたしょぼいアイデアを、持ち前の勢いと演出力で膨らませた様な短編ばかりです。笑

それだけのネタでそこそこの読み応えにしてしまう辺りは流石です。
何て事ないテーマを色んな角度から膨らましながら一つのネタにしてしまう、ガキ使フリートークの松本人志の様な感動はあります。

褒めてるのか褒めてないのか分からないレビューになりましたが、
「岸辺露伴は動かない」は傑作だと思っています。
ジョジョ4部でたかがジャンケン描写を異様に盛り上げた様に、ポップコーン食べにここまで緊迫感を持たせるのか。。。と、当時の衝撃が忘れられません。


装丁も凝っていて素敵です。
カラーページも再現してますし、良い買い物でした。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2017-07-31 19:58:17] [修正:2017-07-31 19:58:17] [このレビューのURL]

7点 pazzoさん

すごく面白いんだけど、やっぱりこの人はジョジョだと思う。
荒木飛呂彦の良さって長編で最も発揮されるのかな、と思った。

死刑執行中脱獄進行中はかなり好き。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-29 09:46:54] [修正:2013-08-29 09:46:54] [このレビューのURL]

10点 片桐安十郎さん

荒木先生の天才ぶりがうかがえる短編集です。
ページをめくり出したらもうその動きを止めることは出来ず荒木飛呂彦の世界に見いられてしまうこと間違え無しです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-11 19:56:57] [修正:2013-08-11 19:56:57] [このレビューのURL]

8点 chunya0816さん

荒木飛呂彦氏がなぜ短編集をあまり書かないか。

理由として、湧いたアイデアを短編に使うのがもったいないだからだそうだ。
アイデアを使うなら、愛すべきキャラクターがいる長編(ジョジョ)へ
とのこと。


じゃあこの短編集は、長編から漏れた使えないアイデアってこと?


はぁ?!アホ!正座しとけ!

とは言いません。が、それに近い事を言うでしょう。
何故なら、その漏れたアイデア一つ一つが素晴らしいからである。

一度、本作を手に取って欲しい。
そして噛み締め、荒木氏のアイデアに驚いて欲しい。

死者の魂の行方は?デッドマンズQは至高の作品。
なんとジョジョ本編でも大人気のあのキャラクターが出てきます。


はい!正座やめッ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-04-26 01:02:28] [修正:2012-04-26 01:02:28] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

死刑執行中脱獄進行中と同じ作者の漫画

荒木飛呂彦の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る