ホーム > 青年漫画 > モーニング > 蒼天航路

7.32点(レビュー数:52人)

作者王欣太

巻数36巻 (完結)

連載誌モーニング:1994年~ / 講談社

更新時刻 2010-11-11 00:01:02

あらすじ “乱世の奸雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

備考 連載当初は李学仁が原作を担当していたが、連載中に肝臓がんのため死去してしまい、以後は王欣太一人によって執筆された。

シェア
Check

蒼天航路のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全52 件

3点 さん

ともかくキャラが立ってて、途中まではおもしろい!後半はクソだけど、三国志を知ってるのを前提に見ると楽しめる!
と聞き、文庫版を全18巻買いましたが、、話が場当たり的で読むのが苦痛
読めるのはせいぜい董卓が死ぬ辺りの3、4巻までです。

色物キャラの勢いだけを楽しむ漫画。中身はペラッペラです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-07 08:48:43] [修正:2019-03-07 08:48:43] [このレビューのURL]

5点 gundam22vさん

三国志正史を原作にしているというのが売りではありますが、こっちはこっちで演義と別方向で同程度の脚色が入っているので要注意の作品。場面・場面で横山三国志にはない燃えるシーンはあるんだけど、変態孔明はじめそりゃないだろ(例えば孔明の評価についてこの作品では曹操は諸葛亮など相手にしていない・名前を覚える存在ではないと一蹴して、演義の神智謀諸葛孔明へのアンチテーゼをやっているつもりなんでしょう。確かに演義の孔明が過剰描写なのは分かります。一方で正史でさえ編者陳寿が孔明を伝説的宰相管仲・蕭何にも匹敵する。後に天下を子孫が獲るライバル仲達さえ天下の奇才なりと評価している訳です。これだけでもこの物語は別方向で正史を無視しているのが分かります)、キャラ付けのつもりでやっているのに引いてしまうようなシーンも多すぎる感じです。美化され過ぎとはいえ演義で天下をとったら世が終わりみたいに描かれる悪役曹操を主人公にしている独自性や補正を行っている効果は評価しますが。ただ曹操はたしかに女好きですが、曹操はじめ他キャラにも無駄なエロシーンが多すぎるのも気になります。

以上の多すぎる癖、主人公曹操の死以降はまだまだ続くのに終わってしまうなどの問題点で描き分け不足や淡々さ、演義の脚色はあるけど軍配はスタンダード寄りな横山三国志に挙げたいですね。三国志漫画は数多いのにこの作品ではなく、正史に配慮して癖を抑えて歴史漫画をやっている作品がまだ存在してないと思うのは残念ではあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-11 09:06:40] [修正:2014-11-24 20:25:10] [このレビューのURL]

7点 朔太さん

[ネタバレあり]

壮大な戦国絵巻物。多くの傑出した人物像が同じ時代を生きる奇跡。

相互に共振共鳴したとしか思えない時代。

お気に入りの人物のお気に入りの場面をひとつ紹介する。

軍師郭嘉。

最後の烏丸族との戦いは秀逸。これを終えて病死の床での曹操との最後の場面では、

珍しく曹操の人間的な悲しみを見せた。

全編が悉く奇をてらった表現が多い中で、この場面は安心して読めた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-07-26 19:46:24] [修正:2014-07-26 19:46:24] [このレビューのURL]

4点 でろりんさん

個人的にそう思うだけなのか、いや世間的にもそうなのか
どうしても横山先生が書かれた「三国志」のせいもあり劉備の引き立て役の様な存在に感じてしまっていた、あの曹操を主人公にした漫画「蒼天航路」

蒼天航路における曹操は完璧な人間として描かれている
いついかなる状況でも全てを悟った様な振るまい、そして思わせぶりと言えばいいのかなんなのか、それっぽい事しか言わない言動
他のキャラクターからもこういう事は多々あったが、特に彼の言動は理解不能になる事が多かった、彼が言おうとしてる事はなんとなくは分かるんですが裏を返せばなんとなくしか分からない、とりあえず雰囲気やニュアンスを理解しておけばいいのかなと続きを読み進めるしかなかった

この漫画の1番の特徴は熱さであると思う、セリフ回しはもちろん
出てくるキャラクターの全てが熱さを持っていると言ってもいい
文官である荀彧や賈詡、更にはあの諸葛亮までもが妙な熱さを持っておりどうしても拭い切れない違和感があった
本当に最初から最後まで熱さばかりが目につくので読み手は好みが分かれる作品である事は間違いないと思う、緩急で言う所の急ばかりが目立つ漫画である

先にも書いたが完全無欠な曹操、大義を名文に自分に逆らう者は家族まで殺してしまう(そういうシーンはナレーションが目立った)
それに比べてライバルである劉備は戦下手で義が篤く人情家
曹操を主役としてるこの漫画でさえ応援してしまうのは劉備だった
やはり主役をしてる以上、魅力的でなくてはならないと思う
しかし残念ながら到底そうは思えなかった

最後に、この漫画の終わりは曹操の死で終わっているので
三国志的に見るとまだまだ途中であり、中途半端に感じた
最後の巻は曹操の死より関羽の死が印象的だった
またこの点数は、所々面白いのだけど長くは続かない
魏の面々が誰一人魅力的に思えなかったのでこうなった

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-09-02 08:57:07] [修正:2012-09-02 08:57:07] [このレビューのURL]

三国志をこれほどまでにオリジナルな視点で描いた作品はないと思えるほど。
曹操の偉大さが、嫌というほど味わえる。
劉備・孔明が気の毒すぎるが・・・。

最後がエピソード集になってしまったのが残念。
赤壁までは秀逸。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-12 20:19:55] [修正:2011-09-12 20:19:55] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

蒼天航路と同じ作者の漫画

  • ReMember

    総合点:1点

    レビュー数:1人

  • HEAVEN

    総合点:

    レビュー数:0人

  • 地獄の家

    総合点:

    レビュー数:0人

王欣太の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る