ホーム > 不明 > ハルタ > 乙嫁語り

7点(レビュー数:18人)

作者森薫

巻数12巻 (連載中)

連載誌ハルタ:2008年~ / エンターブレイン

更新時刻 2009-11-25 00:47:08

あらすじ 山を越えてやってきた美しい花嫁のアミルは20歳、彼女をめとった花婿は、若干12歳の少年カルルク。8歳の年の差を越えて、ふたりは愛を育んでいく……。

備考 エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume1(2008年10月発売)より連載を開始し、同誌が年10回刊『ハルタ』へと誌名変更された2013年現在も基本的に毎号連載中。2014年マンガ大賞受賞。

シェア
Check

乙嫁語りのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全18 件

2点 Scroogeさん

有名な作品なので紹介はなし。

ものすごい勘違いと才能の浪費。
やたら美しい絵をつくっているが、
何を表現するための美しさだろうか。

もはや乙女でも嫁でもなく物語でもない。
ただ美しさで埋め尽くしただけ。
マンガになっていない。

単行本の中で読みたいと思うのが
巻末のおまけマンガしかない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-07 14:20:26] [修正:2019-12-07 14:20:26] [このレビューのURL]

遊牧民の服装、生活がしっかり調べてあります。

これといった起伏のある展開はないですが、
個々のキャラのエピソードが温かいです。

古きよき家族愛に当てられると、優しい気持ちになります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-03 21:17:19] [修正:2015-02-19 21:42:04] [このレビューのURL]

9点 daasyuさん

ジャンル:歴史もの
お勧めしたい人:20代?30代男女

 マンガ大賞2014を獲得した中央アジアの19世紀の生活を描いた作品。最初は一見地味目の話と感じるが読み進めていく内にそれが誤りだと気づく。部族の結束や争いを見事に描いている。キャラクターの一人ひとりがとても魅力的で、読んでいるこちらが赤面してしまうようなシーンもあったりする。
 更に今ではありえない時代の非情さを描写した話も多く、その内容に思わずハラハラしたり憤りを感じることもあるだろう。

 特筆すべきは作者の絵のクオリティの高さで、よくここまで描き込めるものだと思う位素晴らしい。民族衣装や顔の表情など必見。

 ピンク色のカバーとタイトル名から男性には取りにくい本かもしれませんがそこは勇気を出してください。

 個人的には10点付けたいけれどもまだ終わっていない作品のため9点にしときました。前作の「エマ」もとても好きな作品です。こちらは恋愛主体です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-31 23:45:50] [修正:2014-12-31 23:45:50] [このレビューのURL]

8点 kikiさん

正直ストーリーはせっかくの時代、場所設定が斬新だからもっと面白く
できそうなのに想定内の展開というか、中央アジアの日常漫画っぽく
なってしまっている気がします。(それはそれで好きなんだけど)
アミルさんのキャラ以外があまりキャラ立ちしてないかな。

それでも彼女の取材力と描写力がすごすぎて引き込まれます。
愛情こめ過ぎですw それが漫画読んでるだけでヒシヒシ伝わってくる
のがいいですね。

中央アジアは大好きな地域(旅行で行きました)なので、まさかあんな
マニアックな場所を漫画にしてくれる人がいるだなんてそれだけで感激です。
しかもそれがあのマニアックな森薫さんだし。
木彫りに刺繍に最高すぎる!



→4巻まで読んで修正。

1、2巻では森さんのアミルさんや、狩り、模様などの萌え度が
高すぎて個人的にはツボだったけど、ストーリーはまぁまぁかな
なんて思ってました。
3巻からは居候だった英国人のスミスさんが旅に出ることで
行く先々で様々な乙嫁達に出会います。
当初感じていたストーリーのぎこちなさは感じなくなり、3、4巻
と進むにつれかなり面白くなってきています。
3巻のタラスさんとの話なんて、イスラム社会の父権制度がよく
描かれてて上手いなぁと思いました。

モスク描いて欲しいなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-16 15:56:29] [修正:2012-05-16 20:56:31] [このレビューのURL]

6点 07yamutyaさん

まったりとした気持ちで読める作品

絵がきれいで、雰囲気も好き

夫婦として成長していくのが良い

読んでて、キャラを応援したくなります

良い作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-24 23:18:52] [修正:2011-08-24 23:18:52] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

乙嫁語りと同じ作者の漫画

森薫の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る