ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 銀のニーナ

5点(レビュー数:1人)

作者イトカツ

巻数3巻 (連載中)

連載誌漫画アクション:2012年~ / 双葉社

更新時刻 2013-08-14 12:14:07

あらすじ 東京で職を失い田舎へ戻ることになった志摩崎修太郎。不本意な気持ちで開けた実家の扉の向こうには、美しい銀の髪と蒼い瞳を持つ少女・ニーナが待っていた。無職独身27歳の叔父と、銀髪碧眼10歳の姪。高原の街を舞台に、疲れ気味の青年と日本大好きハーフ美少女のゆるやかな生活が始まる──。

備考

シェア
Check

銀のニーナのレビュー

点数別:
1件~ 1件を表示/全1 件

5点 臼井健士さん

27歳で会社をリストラされて新しい仕事も見付けられない失意の主人公・志摩崎修太郎が群馬県の万座・鹿沢口の実家に帰省。
そこで、フィンランド人と結婚していた姉の産んだ姪・ニーナとの出会いが待っていた。
外国での生活をしていたはずの姪と関わることはほとんどなかったのだが、暇なので夏の間は面倒を見ることになる。

異国育ちの銀髪碧眼の少女は日本の生活に慣れていないので、初めての経験が「事件」になることもある。
27歳の叔父と10歳の美少女は、ちゃんと血縁関係があるので「恋愛関係」には間違ってもならない。
あくまでも叔父と姪との触れ合いを描いていく路線。

ニーナが確かに可愛くて魅力があるのだが、修太郎の絵が逆に変というかクセがあるというか。
ニーナの可愛さにおんぶに抱っこというのが正直な感想。
決して悪いとは思わないが、長期連載に持っていけるかはまだ微妙。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-14 12:14:56] [修正:2013-08-14 12:14:56] [このレビューのURL]


銀のニーナと同じ作者の漫画

イトカツの情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る