ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > バジリスク-甲賀忍法帖

5.91点(レビュー数:45人)

作者せがわまさき

原作山田風太郎

巻数5巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2003年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-25 09:00:56

あらすじ 江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀と伊賀という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが憎み合う両家にあってそれぞれの跡取り、甲賀弦之介(げんのすけ)と伊賀の朧(おぼろ)は深く愛し合っていた。そして・・・

原作は山田風太郎の大人気『忍法帖』シリーズ

備考 時代小説「甲賀忍法帖」を漫画化した物。

シェア
Check

バジリスク-甲賀忍法帖のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全45 件

9点 三助さん

忍者の能力バトルものですが、
非常にシンプルで無駄な描写が少なく、一気に読破できます。
やたらおっぱいの大きいエロ忍者が多いところも良いですね。

結末は予想し易いものですが、
これ以外のしっくり来る締め方がないためしょうがないと思います。
予想外の展開が作品の良し悪しを決めるものでもないですからね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-05-19 00:20:58] [修正:2013-09-29 11:20:24] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

さくさく進んであっという間に物語が終わる。
別につまらないというわけでもないが、もう一度読みたくなるほど面白かったかというと微妙。
なんか浅いんだよね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-29 11:27:53] [修正:2013-08-29 11:27:53] [このレビューのURL]

7点 gundam22vさん

忍法なんて完全に越えた超能力バトルのバトルロワイヤル作品
舞台は史実を流用してなかなか上手い舞台だと思います。

一発芸大会なので「何の力持ってるの?」、「それを
破るにはどうしよう」って所が見どころです。
オチが大体読めちゃう作品だからこそそこが重要ですがこの巻数
でテンポが良く密度が高かったですね。
引っ張ることなくどんどん決着ついて犠牲者が出るのは
最近ある引き伸ばし
バトル漫画へのアンチテーゼになっています。

画力が高く、キャラも二十人もいますが読んでいるうちに
全員ちゃんと把握出来る辺り技量が高いです。
さっさと死んだキャラのために途中で前日談を入れているのも
上手かったです。一気に全巻読むことをお薦めしたいし、
それが可能な作品かと。

残念だったのはシンプルだからこそ良い面ともっと複雑な
バトルが見たかったなという矛盾するがどうしても残る気持ち
。ラストバトルが誰と誰がやるのかすぐに読めることです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-02-10 06:16:17] [修正:2013-02-10 06:16:17] [このレビューのURL]

6点 あおはなさん

ありきたり、かつ完全に予定調和。

でもなんだろう話の展開と適度な長さのおかげで飽きることなくさくさく数時間でラストまで読めてしまう。

シグルイみたく対決する20人の人生に深く切り込んでいったとしたら、逆にこの漫画の場合は読みおおせなかった気がしている。

個人的には忍術がもう少し幻想的だとワクワクしたと思ってしまうのだが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-16 19:36:42] [修正:2012-10-16 19:36:42] [このレビューのURL]

7点 N0Bさん

完結しています。 全巻読みました。
山田風太郎の原作 甲賀忍法帖をせがわまさき絵で漫画にしたこの作品。アニメ化もされています。
原作は読んでいないのですが、単純に漫画として面白かったです。
徳川家の跡継ぎを決める名目で、伊賀と甲賀の忍が10対10の精鋭による生き残りを賭けて殺し合うという話。
一人一人特異な能力や技の個性があり、読み進める内に徐々にその能力が明かされていくのですが、ただの忍者モノというよりかは妖怪モノに近いおどろおどろしさがあり、怖いもの見たさで続きが気になる。
お色気シーンやら人間模様やらもあって、バランスが良いと思うし、絵とストーリーもすごく合っていると感じた。
面白かったです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-08-20 14:14:26] [修正:2012-08-20 14:14:26] [このレビューのURL]

PR


バジリスク-甲賀忍法帖と同じ作者の漫画

せがわまさきの情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る