ホーム > 不明 > 野生時代 > 火の鳥

8.5点(レビュー数:50人)

作者手塚治虫

巻数17巻 (未完終了)

連載誌野生時代:1954年~ / ---

更新時刻 2012-07-23 01:09:19

あらすじ 火の鳥を中心に壮大なスケールで描く手塚治虫のライフワーク

備考 手塚治虫が漫画家として活動を始めた頃から晩年まで描かれており、手塚治虫のライフワークだといわれている。しかし残念ながら火の鳥の最終章である「現代編(構想のみ)」は作者の死亡のため、描かれる事はなく「火の鳥」は未完に終わる。マンガ少年・少女クラブ・COMなどにも連載していた。

シェア
Check

火の鳥のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全50 件

9点 ガタカさん

当時自分の哲学観に補翼したことは間違いない作品。
そのへんによくある言葉だけ凡百の哲学的知覚論マンガとは訳が違うわけで。
そうゆう世界に興味を持つきっかけにはちょうどいい漫画かと。

その生血を飲めば永遠の命が約束される「火の鳥」を軸に、それを渇望する者や翻弄される者、手に入れて嘆く者や他物に永遠を見出す者...
色んな形色んな意味での生と死がそこにはある。

万物の摂理と真理と儚さを一瞬だけ開いて見せてくれる。ような気がする作品

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-05-29 04:24:41] [修正:2011-06-25 17:37:41] [このレビューのURL]

4点 fanさん

楽しみかたがイマイチ分からなかった。
面白い漫画と言うより、凄い漫画といった感じかも。
未完で終了してしまったのは残念。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-07-10 12:20:46] [修正:2011-03-17 14:25:14] [このレビューのURL]

5点 軍人さん

手塚氏の代表的な作品の一つであるので手にとって一読しました。
個人的には宇宙編などのSF作品が好きです。
ただ話ごとにクオリティに差が感じられましたね。
特に最後のギリシャ・ローマ編などは面白いと感じられませんでした。
個人的にはブッダやブラックジャックなどのほうが好きですね

黎明編の猿田彦が個人的に好きでした

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-23 15:42:19] [修正:2011-01-23 15:57:36] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

バラバラの編が繋がっていく様は凄いです。
トラウマレベルの編の結末もあって、先が読めません。
ブラック・ジャックより個人的に好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-06 16:19:29] [修正:2010-12-06 16:19:29] [このレビューのURL]

10点 コケシさん


凄い面白い
私は個人的に未来編が好きです

壮大なストーリー
ホラー漫画とはまた別の怖さを感じます

ただし羽衣編は読みにくいのであまり好きではありません。

とにかく手塚治先生の凄さに感服するばかりです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-02 17:24:37] [修正:2010-11-02 17:24:37] [このレビューのURL]

PR


火の鳥と同じ作者の漫画

手塚治虫の情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

野生時代の情報をもっと見る