ホーム > 不明 > 野生時代 > 火の鳥

8.5点(レビュー数:50人)

作者手塚治虫

巻数17巻 (未完終了)

連載誌野生時代:1954年~ / ---

更新時刻 2012-07-23 01:09:19

あらすじ 火の鳥を中心に壮大なスケールで描く手塚治虫のライフワーク

備考 手塚治虫が漫画家として活動を始めた頃から晩年まで描かれており、手塚治虫のライフワークだといわれている。しかし残念ながら火の鳥の最終章である「現代編(構想のみ)」は作者の死亡のため、描かれる事はなく「火の鳥」は未完に終わる。マンガ少年・少女クラブ・COMなどにも連載していた。

シェア
Check

火の鳥のレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全50 件

7点 gurikoさん

〜編って分かれてるんで、それぞれ面白い面白くないと意見が分かれます。
火の鳥をめぐって争う人間のエゴ。手塚作品はメッセージがあって、考えさせられます。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-03-21 12:21:17] [修正:2007-03-21 12:21:17] [このレビューのURL]

9点 ひろっさんさん

名作。

子供には子供の、大人には大人の読み方が出来る一生もののマンガです。

編によって評価が分かれますが、鳳凰編は死ぬまでに一度は読んで欲しい話。


ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-02-24 12:36:54] [修正:2007-02-24 12:36:54] [このレビューのURL]

8点 doneさん

[ネタバレあり]

まだ未来編しか読んでないんですが味わい深い傑作でした。

でも私が理解不足だったせいかどうして一人だけ火の鳥に選ばれて
辛い思いをしなければならなかったのか、分からなかったです。
理由なんてないのかも知れませんが。

他のもよんだら点数が変わるかも知れません。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-01-21 20:36:22] [修正:2007-01-21 20:36:22] [このレビューのURL]

8点 赤い車の男さん

『火の鳥』や『ジョジョ』みたいに各部ごとで構成されてるマンガって点数つけるの難しいね。
基準が全体の平均か最大瞬間風速かによってけっこう違ってくる。

この『火の鳥』は特にそう。
まず鳳凰編,未来編は10点満点ではとても収まりきらない。
かたや乱世編のように個人的にはそんなになものもあれば、異形編のように味わいある短編まで様々。
ジャンルも尺も思い入れもバラバラでどうしたものか悩んでしまう。


というわけで僕なりに評価の方法を考えてみました。
その方法は、これらをまとめて『火の鳥』というタイトルの壮大な交響曲だと捉えるというものです。
「第1章 黎明編」でゆるやかに始まり、「第2部 未来編」で最初の山場を迎えると同時に【生命】の終わりと始まりを表現することで作品の核が云々云々・・・・・

さぶっ!書いてて恥ずかしくなってきた。やめ。(笑)
ロックのアルバムなんかで、コンセプトや全体のトータル性も含めて評価されてるものもあるじゃないですか?(THE BEATLES『サージェントペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド』とか)
つまりそういうことが言いたいんです。

あー、ちゃんと言いたいこと伝わってるんかな?不安や。
それによく考えたら、他の皆さんもそういう評価方法なのかもしれんし。まぁいいか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-12-14 03:44:46] [修正:2006-12-14 03:44:46] [このレビューのURL]

10点 weaselさん

[ネタバレあり]

過去と未来が交差する現在の話が読めないのが残念でならない。
現在がないというのがいいのかもしれないけど。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2006-12-14 00:32:10] [修正:2006-12-14 00:32:10] [このレビューのURL]

PR


火の鳥と同じ作者の漫画

手塚治虫の情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

野生時代の情報をもっと見る