ホーム > 青年漫画 > 月刊サンデーGENE-X > ヨルムンガンド

6.33点(レビュー数:15人)

作者高橋慶太郎

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊サンデーGENE-X:2006年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:41:01

あらすじ 「世界平和のため」殺人兵器を売りさばくうら若き小娘武器商人、ココ・ヘクマティアル。少年兵ヨナをはじめとする、多くの私兵を従えた彼女の周りには、常に鮮血の華が咲き、硝煙のにおいがのぼりたつ……。
雪山にて激しいバトルが行われる中、一方の中華料理店では、陳との会食の最中に、女子トイレにてスケアクロウの仲間・ショコラーデと接触をはかるココ。はたして、その真意とは?

シェア
Check

ヨルムンガンドのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全15 件

8点 gazetterさん

自分も知識がない中で読んだが、fasterさんが言うように雰囲気、世界観がとてもいいので好評価。
ビバップ、攻殻、ブララグが好きな人向け。
巻数も短いながらも構成がしっかりされているし、ガンバトルやキャラ設定なんかもよかった。
ただ画力は残念。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-28 16:46:11] [修正:2013-09-28 16:46:11] [このレビューのURL]

8点 fasterさん

知識がないと楽しめないという意見が多いが、知識があまりない自分でもこの雰囲気はかなり好き。

何よりキャラが良い。
最初は地味すぎて誰が誰だか分からないが、読んでいくうちにそれぞれのキャラの背景などが描かれていき、最終的にはどのキャラも好きになった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-13 20:19:00] [修正:2013-07-25 00:54:09] [このレビューのURL]

3点 kikiさん

1巻でわけが分からないままいきなりドカーンと戦闘を始められて、
その全力疾走さについていきませんでした…。
特にガンアクションなどが好きでもないのに、武器商人と少年兵と
いう組み合わせが面白そうと思って手にとったものの、作者さんの
カッコいいものが描きたいという想いと私の期待したものが
ミスマッチで最後まで読めませんでした。

ココの破天荒さやバタバタしてたり寡黙だったりするキャラ達の
ノリを楽しめたり、戦闘での駆け引きやアクションが好きな人には
面白いんでしょうね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-05-28 22:57:30] [修正:2012-05-28 22:57:30] [このレビューのURL]

6点 abexturnerさん

武器商人ココとその仲間達のお話。

武器商人とは言っても毎回ドンパチやらかします。

平たく言ってしまえば同雑誌で連載しているブラックラグーンの武器商人版ですが、スケールはこちらの方がでかいかな?

武器を憎む少年兵ヨナが武器商人ココの仲間になるんですが、このヨナが個人的にツボです。

武器を憎んでいるけど武器に頼らざるを得ない。しかも世界に武器を流通させている武器商人の仲間につく。この矛盾が堪りませんね。

ガンアクション系好きな方にお勧めです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-27 11:29:20] [修正:2012-01-27 11:29:20] [このレビューのURL]

6点 ぱろぱろαさん

B級映画のドンパチが好きな者には、この漫画は素直に楽しめるだろう。
武器商人ココ・ヘクマティアルとヨナの絡み、レームとバルメの強さが面白い。私は全く軍事関係には詳しくはないが、充分に楽しむことが出来た。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-24 16:07:19] [修正:2011-02-24 16:07:57] [このレビューのURL]

PR


ヨルムンガンドと同じ作者の漫画

高橋慶太郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊サンデーGENE-Xの情報をもっと見る