ホーム > 青年漫画 > コミックビーム > イムリ

8.1点(レビュー数:20人)

作者三宅乱丈

巻数26巻 (完結)

連載誌コミックビーム:2006年~ / エンターブレイン

更新時刻 2012-07-16 19:44:44

あらすじ 遙かなる太古−。長く激しい戦争によって、その星は凍結した。星の名はルーン。凍らせたのは「カーマ」の民。戦後、カーマの民は、ルーンの隣星であるマージへと移り住み、「賢者」と呼ばれる最高権力者を頂点とし、奴隷民「イコル」を最下層とする階級社会を形成、四千年もの歴史を積み重ねていた。四千年。それは、過去の戦争の記憶と意味を風化させるのに、充分すぎる歳月だった。ようやくルーンの氷が溶け始めた今、カーマの民は、故郷であるルーンへの帰還を始める。かつてのカーマの敵であり、そしてその事実を忘却した「イムリ」の民の棲む、すべての母なる星ルーンへと−。

備考 2009年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞

シェア
Check

イムリのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全20 件

壮大で緻密に作り込まれた世界観も圧倒されますが、
それをずっと整合性を保って維持するのが素晴らしいです。

アイデアが多彩で、用語が多いので覚えるのが大変ですが、
巻末の用語解説が本当に助かります。

民族との交流とかは映画の「ダンスウィズウルブズ」に似てます。
差別などの社会問題も上手く取り上げています。

硬派なファンタジーの他にも政治的駆け引きも面白いです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-01-03 19:24:55] [修正:2015-03-01 19:18:09] [このレビューのURL]

10点 shunさん

この作品だけの用語が飛び交う世界観を、ブレなく表現できているところが素晴らしい。
3巻くらいまで意味もわからず読み進めていくと、主人公とともにこの世界の全貌がうっすら見えてくる展開に脱帽。
画に癖がありキャラ分けやデザインに粗はあるが、怒涛のストーリー展開と構図の妙で
緊迫感と不思議な世界観を創りあげることができている。
もちろん世界観にハマるかどうかは人それぞれなので、全くおもしろく感じない人もいるだろうが、私の中では10点。
是非読み試して欲しい作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-07-14 17:21:42] [修正:2014-07-14 17:21:42] [このレビューのURL]

8点 青心さん

<良い点>
・設定が作りこまれており緻密で壮大なストーリー。
・妙にリアリティのある紛争。
・物語に緊張感があり怖い雰囲気。

<悪い点>
・絵が好みではない。というかあまり上手じゃない。
(登場人物が手抜きに見えるくらいわかり辛い)
・用語が独特でとにかくわかり辛い。
 例)カーマ、イムリ、でろでろw

<総評>
ファンタジーというジャンルは全く興味がない自分ですが、
これはハマってます。アメリカの白人、黒人、インディアン
等の民族紛争をオマージュしたような内容なのでファンタジー
なのに何か妙にリアリティを感じられます。
読み手を選ぶかもしれませんがおすすめです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-01-17 12:08:13] [修正:2014-01-17 12:08:13] [このレビューのURL]

6点 DEIMOSさん

三宅乱丈得意の超能力を織り交ぜて戦争を丹念に描き出したSFファンタジー叙事詩。

まずは、各巻末尾の次回予告における、本書の形容表現を抜粋してみよう。
1巻:壮大なファンタジー叙事詩
2巻:ファンタジー・サーガ
3巻:圧倒的SF巨編
4巻:SFファンタジー叙事詩
5巻:未曾有のSF巨編
6巻:圧倒的SF雄編
7巻:ファンタジー叙事詩
8巻:SFファンタジー雄編
9巻:未曾有のSF叙事詩
10巻:ファンタジー巨編
11巻:SF叙事詩
12巻:激震のSF叙事詩

これらを総合してもわかるように、本作品は、
ジャンル=SF+ファンタジー
特長=未曾有(斬新)+巨編(長期連載)
である。

SFとしてみると、巻末や別冊に記された時代設定の緻密さが興奮を呼び起こす。
ファンタジーとしてみると、貴族・奴隷という封建体制を中心とする倒錯した文化・時代観や魔法を想起させる特殊能力が何とも神秘な世界観を醸し出している。
ありきたりなパターンに堕していないため、先が読めない展開というのも面白い。しかも、ナレーションなどによる説明は皆無で、全てが主人公デュルクを中心とした物語で話が進む。これによって、読者はシナリオにのめり込む。

人物描写の観点からは、エゴ、憎悪、家族愛等の心情の描き方が秀逸。ややもすると、「フィクションとは思えないような」ふとした仕草や発言を一々描くことによって、リアリティある心情表現を可能としている。そのあたりの描写の読後感は決して良くない。しかし、イムリ、中でも、チムリという少女の存在によって、「救いようのない戦争譚」に陥ることを回避し、愛ある物語として踏みとどまっている。

明確なメッセージや理想の社会像が打ち出されているわけではないので、本作によって人生観が変わるかということそこまでではないが、リアルを埋め込んだSF世界を生み出した緻密な構成力に感心させられる作品ではある。

なお、最近気づいたが、世界観・服装・小道具・特殊能力等の設定のディテールが漫画版「ナウシカ」にそっくり。少なからず影響を受けているのだろう。ただし、作品のテーマ自体は全く異なるのでパクリだと非難するつもりは毛頭ない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-10 20:28:07] [修正:2013-11-02 01:22:45] [このレビューのURL]

7点 asd5さん

面白いです。ジャンルとしては階級闘争ものと言えるのかな?
オリジナリティ高い設定が色々と出てくるので、ある意味取っつきにくいかもしれませんが斬新です。
現在13巻。今後も期待できます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-04-22 20:20:40] [修正:2013-04-22 20:20:40] [このレビューのURL]

PR


イムリと同じ作者の漫画

三宅乱丈の情報をもっと見る

同年代の漫画

コミックビームの情報をもっと見る