ホーム > 少女漫画 > 別冊花とゆめ > ガラスの仮面

7.6点(レビュー数:30人)

作者美内すずえ

巻数49巻 (連載中)

連載誌別冊花とゆめ:1976年~ / 白泉社

更新時刻 2012-01-19 13:34:44

あらすじ どこにでもいそうな変哲の無い中学生マヤ。しかしお芝居に対し情熱的で役者のセリフは沢山覚えれるという特技を持っていた。 そんな中,彼女はかっての有名女優月影千草と出会う。

備考 1976年の「花とゆめ」創刊号から連載を開始。 1997年から長期にわたって休載されていたが、2004年約6年ぶりに再開された。 2008年より「別冊花とゆめ」に移籍した。 舞台化、ラジオドラマ化、実写ドラマ化、OVA化、アニメ化(3度)されたことがある。

シェア
Check

ガラスの仮面のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全30 件

6点 メデューサさん

時代感じるなぁぁ。キラキラしてんなぁぁ。
スポ根丸出し、とにかく熱血。

ただ名作と言われるだけあって完成度は高い。
なかなか読ませます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-29 00:26:16] [修正:2011-06-29 00:28:33] [このレビューのURL]

5点 ぐりーばすさん

如何せん30年も続いてるもんで、色んな箇所で初期との乖離が散見。
面白いとは思いますが、そこまで引っ張る程のものかと言われればそうでもない。
「当時」のまま「当時の名作」で終わっててくれれば良かったと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-18 00:58:46] [修正:2011-06-18 00:58:46] [このレビューのURL]

8点 columbo87さん

少女漫画と言えばこれ、という感じ。子供のころから追って読んできていたので、そのころでも相当古い感じでしたので、一度読まなくなってからもうとっくに完結したんだろうなぁ、なんて思っていたらぜんぜん完結していないと聞いて驚きました。
主人公マヤはドジでブスで・・・どこがやねんと思わせるような感じですが、少女の成長物語と、それを見守るロリコンで薔薇族の人との恋。舞台という表現の場を通して成長していく様、その裏にある非情とも言えるような特訓の数々など、がんばる少女のけなげさに感情移入させられる、このへんは「おしん」以来伝統か。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-06-04 18:03:54] [修正:2011-06-04 18:03:54] [このレビューのURL]

7点 オカシューさん

演劇に賭ける少女、北島マヤの物語。大人買いでどっぷり浸ってきました。

少女マンガというジャンルの広がり方は少年マンガに比べるとかなりちいさく感じる。
その大きな要因は「恋愛要素」にあるのではないかと思われる。

多くの少女達にとって恋愛こそ現在最大の関心事であり他のテーマを寄せ付けないほど突出している。
それゆえ少年マンガのように多くのテーマに分かれる事無くコメディにせよシリアスにせよ内容の中心部分は恋愛でかためられている。

恋愛は「醤油」のようだ。
多くの料理にあう万能調味料醤油があったがゆえに日本では他国のようにバラエティある調味料が発達しなかった。少女マンガもそんな日本と似ているのではないか。

そんな中、醤油(恋愛)をかくし味程度に抑えた少女マンガもいくつか存在する。
そしてそんな(少女マンガ的には)邪道な作品の中にこそ名作は多く生まれている気がする。

本作「ガラスの仮面」もそうだ。
これは完全にスポ根(スポーツ根性モノ)である。演劇を見事な手腕で屋内競技として描き出している。
(恋愛は脇役に徹していて私の好きな桜小路君などヒドい扱いになっている。その分最終章は濃い醤油味かもしれないが。)

近年少女マンガでスポ根を取り入れて成功した屋内競技作品と言えば「ちはやふる」が挙げられるか。 
本作はそんなスポ根モノの大先輩にあたるのではなだろうか。

しかしだからと言って誰かれに勧められるという訳でもない。
「ちはやふる」は現在のスポ根系少年マンガの洗練された最先端作(スラムダンク等)をベースに創られている。(トレスっちゃうくらい好きみたいだ)
しかし「ガラスの仮面」は魔球渦巻く古典的スポ根がベースとなっている。(事実「大リーグ養成ギプス」的なものまで作中に登場する。舞台あらし編)

つまりスポ根マンガであると同時に超人マンガ的内容にもなっているのだ。
私などは全然オッケーでうひゃうひゃ言いながら楽しめたのだが古い画風と合わせてこの辺は賛否両論かもしれない。(それにしても月影先生のパワハラはヒドい)

それでも昭和を越え平成までも生き続けたこの大作は多くの少女達に多大な影響を与え続けている。
以前テレビに美内先生が出演された時ファンから「お願いですから私が死ぬまでに完結して下さい。」というファックスが届いていた。

これはいろんな意味でマジである。いまだ未完の恐るべき大作なのである。
彼女達はこのマンガの結末を見届けない訳にはいかないのだ。

それは少年期にドラゴンボールに出会ってしまった男の人などにまま起こる事と同じで、もはや愛読書の一つではすまされずその人の「青春そのもの」と化しているのである。

北島マヤの青春こそ自分の青春。

読了後、本作を少女期に読めた人たちがとてもうらやましく思えたのだった。






ナイスレビュー: 3

[投稿:2010-08-04 20:09:29] [修正:2010-08-08 13:45:44] [このレビューのURL]

9点 xenosさん

 少女マンガの金字塔たる「ガラスの仮面」には、圧倒的な力があるだろう。
 漫画としての完成度は、各方面で言及されているだろうから、もう少し違った視点でこの作品を紹介してみたい。
 というのもこの作品は「演劇入門」としてかなりの有用性があるからだ。 スタニスラフスキーシステム、あるいはその発展形であるマイケル・チェーホフメソッドの実践的な方法がかなり平易に描かれている。主人公である北島マヤはマイケ・ルチェーホフメソッド的、そのライバルの姫川亜弓はスタニスラフスキーシステム的なアプローチを用いている点にも注目できる。双方のアプローチを比較対象にしながらお互いを検討している点にこの作品の他作品には無い独自性を伺える。故に、ある程度演技の経験のある人にとって、演技へのアプローチを検討する手法として参考に耐えうるものであるし、これから演技の世界に足を踏み入れる人にとっても有用だ。
 また、この作品に表れている劇中劇の演出手法もかなり多岐にわたって紹介されている。新劇からアングラまでの各種様々な方法論が紹介されており、演出の入門にも最適だ。
 さらに、この作品に描かれている各種様々の試みは劇団の組織論さえ説いている。
 この作品はこれから役者、演出家、劇作家となる人や、これから劇団を旗揚げするに当たって重要な点をかなり抑えている。
 ただこの作品の欠点として唯一挙げるなら、やはり演出家以外のスタッフの視点を欠いている事だろう。照明家には照明家なりの、音響家には音響家なりの演劇観というものがあり、それを描くこともまた必要である。何しろ「舞台は石垣」なのだから。
 故にこの欠点を差し引いて9点と評価する。無論今後の展開で、10点になる可能性は十分にある。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-06-21 05:07:25] [修正:2010-06-21 05:07:25] [このレビューのURL]

PR


ガラスの仮面と同じ作者の漫画

美内すずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

別冊花とゆめの情報をもっと見る