ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 珈琲時間

6点(レビュー数:8人)

作者豊田徹也

巻数1巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2008年~ / 講談社

更新時刻 2010-01-09 22:27:45

あらすじ 人類を魅了し続けてきた飲み物、コーヒーにまつわる様々なストーリー17話。Ja pan Expo第3回ACBDアジア賞輝き、アングレーム国際バンドデシネフェ スティバル2009年公式セレクション出品作品の『アンダーカレント』作者の豊田 徹也が贈る、人間ドラマありコメディーありSFありハードボイルドありの短編集です。

シェア
Check

珈琲時間のレビュー

点数別:
6件~ 8件を表示/全8 件

5点 二軍Tシャツさん

どうも好きになれないみたいです・・・
アフタヌーン系列によくある「雰囲気漫画」は僕自身すごく大好きで、この作品もおそらくそのタイプに入るのでしょうが、なぜだか好きになれない。
なんというか、どうってことなさすぎる。

「熱さ」や「盛り上がり」とは無縁の人間ドラマなんですが、ではどこを楽しむのかと言いますと、それは「読後感・余韻・メッセージ性」など、作中に漂う空気感に浸れることが重要だと思っています。
しかしこの作品にはそれが無かった。
「香ばしさの無い麦茶」みたいなもので、どう楽しむかが難しい。

ストーリーに関してもどっかで見たような話だったり、「え、そんなんで良いの?」みたいなオチだったり・・・

第12話が一番おもしろかったかなぁ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-22 04:18:12] [修正:2011-02-22 04:19:48] [このレビューのURL]

8点 やまびこさん

表紙を見て惹かれるモノがあって購入しました。

絵は特別上手いわけではないのですが自分には好みの絵でした。内容は、まさに美味しい珈琲のように温度、香り、酸味、苦味がほどよく感じられ、とても良かったです。(なんで苦味が旨いと感じるのか・・・考えてみると不思議です。。。)

1冊で完結ということもあって購入しやすくおススメです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-28 02:04:42] [修正:2010-11-28 02:04:42] [このレビューのURL]

7点 unsosinoさん

「さあコーヒーを飲もう 今すぐに!
 なぜなら人生はあっという間に過ぎ去ってしまうからだ!」

美味しいコーヒーをゆっくり飲んだ後、口の中がほのかに薫ってほっとする感じ。

…がメインですが、突然人型ロボットやキリンが暴れ出したりもするちょっと風変りな短編集です。
コーヒーを飲みながら読むべきか迷うところ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-02-10 18:55:14] [修正:2010-02-10 18:55:14] [このレビューのURL]


12
次の10件>>

珈琲時間と同じ作者の漫画

豊田徹也の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る