ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > undercurrent

7.46点(レビュー数:13人)

作者豊田徹也

巻数1巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2005年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:31:58

あらすじ ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。

備考

シェア
Check

undercurrentのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全13 件

7点 gundam22vさん

話としては地味です。しかし良い意味で和風なセンスがあり読ませるものがあります。そして最後は伏線めいたものは回収して、余韻がありすっきりした心地に。出来の良い邦画を丁寧に漫画化という感じです。これを評価して賞をくれた海外もなかなか見る目があるんだなと感心しました。全1巻漫画ではおすすめの作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-08-03 23:30:56] [修正:2016-08-03 23:30:56] [このレビューのURL]

6点 勾玉さん

銭湯の共同経営者でもある夫の突然の失踪、
その後、臨時の従業員として現れたのはどこか影のある男性、
というのが物語の導入部。
個人的には、それぞれの事象が一本の線に結びつく様な
ラストを期待してしまったので、結末は自分が求めていたものとは違いました。

しかし、登場人物の傷心した表情や仕草の描写が出色の出来で
感傷的な主人公への感情移入も自然と入っていけます。
フォークソングを聴いてるような、しんみりとセンチな気分に浸れる漫画ですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-06 12:24:45] [修正:2016-04-28 18:21:06] [このレビューのURL]

8点 punpeeさん

「undercurrent」の意味
1.下層の水流、底流
2.(表面の思想や感情と矛盾する)暗流

日常のドラマの中で、登場人物の深層心理が掘り下げられていくストーリー。
クライマックスが近付くにつれ、それぞれに抱えたものが解けていくが、解けた先は描かれていない。

ただ、そういったものが解け、気が晴れ、自分と向き合っていける未来を考えると、ハッピーエンドを想像出来る事は難しくない。

傑作だと思います。

ヴィレッジヴァンガードのサブカル的な品揃え・売り方は嫌いだが、長年に渡ってこの作品と新井英樹の「TWIM」を担ぎ続けている点は素敵です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-13 18:33:10] [修正:2016-02-13 18:33:10] [このレビューのURL]

アフタヌーンらしい作品です。
実写化するなら是枝裕和監督が適してると思います。

映画的なカメラワークで人物の視線や表情の変化、感情の機微を描くのが秀逸です。
映画の表現の方が漫画より上とは考えてませんが。

話の主軸はサスペンス調ですが、そこに息抜き感覚で挟む日常描写やユーモアも心地いいです。

人間関係の擦れ違いなどがとてもリアルです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-14 19:36:56] [修正:2016-01-14 19:36:56] [このレビューのURL]

10点 デビルチョコさん

めちゃくちゃ良かった。
ストーリー構成、心情心理の描写、コマ割、登場人物、台詞、
全てが良かった。

何と表現したらいいのか、、
物語が終盤に向かっていく展開の時、胸が締め付けられる感じがした。

ラストも見事。
ストーリーの解釈を読者に委ねるような作品の作り方がこれまた良い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-03 21:36:43] [修正:2015-04-03 21:55:06] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

undercurrentと同じ作者の漫画

豊田徹也の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る