ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > おおきく振りかぶって

6.7点(レビュー数:81人)

作者ひぐちアサ

巻数32巻 (連載中)

連載誌月刊アフタヌーン:2003年~ / 講談社

更新時刻 2011-07-14 21:15:48

あらすじ 「オレ……オレ……がんばってるって思う?」オレらのエースは暗くて卑屈(ひくつ)。勝つために、弱気なエースのために。行け、オレら!読むとためになり、しかも血湧き肉躍り涙する。本格高校野球漫画!

シェア
Check

おおきく振りかぶってのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全81 件

7点 朔太さん

1球ごとに投手、捕手、打者の心理、思考を追いかける野球漫画です。
野球の奥深さを言葉にして追いかける内容に、とても新鮮に感じました。
特に、制球は抜群だが球威や球速は凡人の投手を最大限に
生かす捕手の手腕が興味深く感じられます。

1年生だけの新興チームが夏の大会から夏合宿、新人戦、秋大会
1回戦まで来るのに、23巻まできました。
1球ごとの解説、試合が始まれば練習試合でも全イニングを
進める展開では、はっきり言って遅すぎます。
ドカベンを見習ってもらいたい。
このままでは高校を卒業するまでに100巻かかりそう。

一方で、個別練習、合宿や他校との合同練習、甲子園大会への
経験旅行、文化祭への取り組みなど通常描かれない高校生の
普通の生活を細やかに描いており、独特の世界観を醸し出しています。

作者は女性ながら玄人はだしの野球に対する理解を示して
いるだけでなく、普通の高校生の野球生活を興味深く
描いており(ザワさんにも通じる面白さ)、新たな野球漫画の
境地を開拓したとも言えます。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-15 18:51:27] [修正:2018-10-15 18:51:27] [このレビューのURL]

6点 はげおやびんさん

最初に書いておきますが、私は野球経験はありません

野球のルールはわかるけど細かい戦術等はよくわからない自分にとってリアリティーのある内容で楽しめました

練習なども現在の高校野球でやっている体づくりやイメトレなどの話があって勉強になりました

心理描写や駆け引きなどの表現が細かくて丁寧なんですが、ちょっとウザったいです

それは登場人物達も同じで、みんな仲良しこよしで野球やってるし
気を使ってる感じがして違和感を感じます

特に主人公のウジウジした感じにイライラしますね

高校野球なんて長いこと見てませんが、サインや守備位置や戦術なんかを注目しながらまた見たくなっちゃいましたね

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-05-19 19:36:21] [修正:2016-05-19 19:36:21] [このレビューのURL]

7点 punpeeさん

野球の事はそんなに詳しくないのですが、
目的・目標達成と、そのプロセスをここまで指導、実行している高校野球漫画は他に無いのではないでしょうか。

熱さ、勢い、必殺技、そんな漫画的描写に頼らず、
「成功・目標達成の技術論」を丁寧に語り、実践している。
だから合宿も含む練習描写が細かく、多い。

仕事でもスポーツでも、本当に強くなる人、成果を出すプロセスを知っている人なら、非常に読み応えがある作品だと思います。
チーム内での友情やライバル関係等の心理描写も非常に丁寧です。
作者の高校野球愛がひしひしと伝わり、少なくとも私は野球漫画の中で最も面白いと思います。

ただ、主役チーム以外の試合をダラダラと読むのは疲れるので、やめてほしいですが。。。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-20 22:15:07] [修正:2016-02-20 22:15:07] [このレビューのURL]

5点 taniさん

単純な野球漫画ではないことは確かです。
理論的なことやメンタル面で勉強になる事も多い。
余計な事を考えなければ面白い漫画です。
選手達の気持ちや考える事もリアルで入り込みやすいかと。
読み手としては親のような気持ちで読んだらいいかもしれません。
私は女というのもあって母性本能むき出しで選手達の成長を見守ってます。笑
しかし、選手達の日常会話や男子特有の会話がどうしても高校生の会話ではなく、
中学1年生後半くらいの会話にしか聞こえない。
まだ高校に上がりたてだからしょうがないのかな?
その面でも技術的な面でも今後どうみんなが成長していくのか気になるところではある。
でもそういう日常や練習風景も青春だなーって感じで悪くない。
進みがスーパー遅い漫画なのでぼちぼち読んでく漫画だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-01 12:17:29] [修正:2016-02-01 12:23:30] [このレビューのURL]

女性作者なので、人物一人一人の心理描写、精神面の成長過程が非常に丁寧です。

主人公の他人から目線を気にしたりする過剰な自意識などはかなりな通ずる部分があります。

スポーツ理論を裏付けにした練習や戦略は説得力あります。
画力があまりないので、試合に臨場感がないのが惜しいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-09 17:34:42] [修正:2015-06-27 18:35:29] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

おおきく振りかぶってと同じ作者の漫画

ひぐちアサの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る